[スポンサーリンク]

ケムステニュース

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(アイキャッチ画像: European Union Observatory for Nanomaterials 公式サイトより)

The EUON is a new initiative and funded by the EU Commission. It will grow over the years to come as we expand the content of the platform further. You, as a reader, will have an important role to play in this as we can only achieve the ambitious goal of increasing the transparency of nanomaterials on the EU market by ensuring that all perspectives are taken into account. EUON is hosted and maintained by the European Chemicals Agency (ECHA). (引用: European Union Observatory for Nanomaterials 2017年6月14日)

EUは化学に関して、規制の制定や情報の発信などを行う機関、European Chemicals Agency (ECHA) を已に有していましたが、昨今の情勢を考慮し、特にナノマテリアルを専門的に取り扱う機関である、European Union Observatory for Nanomaterials を新たに設立しました。

ECHA によるナノマテリアルに関する記事は以前から投稿されており、化学物質としてのその重要さや、サイズによる違いが物質の性質を大きく変えることがあるという事実などが言及されています 1

ナノマテリアルやナノテクノロジーという言葉が一般化した現代社会において、その目に見えない世界に関する正しい情報を発信しくことが、この度オープンされた公式サイトの目的であるとのことです。

参考文献・関連記事

  1. Why are nanomaterials important?” | ECHA

関連リンク

The following two tabs change content below.
Eine

Eine

北京の大学院生。音楽が好きで、聴いたり、作ったり、演奏したりする。音楽ゲームも好き。研究では主にナノレベルの世界の解析をしている。言語や文化の壁と戦いながら、分子や電子たちの気持ちを考える日々。

関連記事

  1. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  2. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  3. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  4. ナノってなんて素敵ナノ
  5. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  6. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験を…
  7. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  8. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最近の金事情
  2. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  3. 鬼は大学のどこにいるの?
  4. エリック・カレイラ Erick M. Carreira
  5. プロドラッグの話
  6. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  7. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  8. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  9. サントリー白州蒸溜所
  10. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(Charles Stark Draper Prize)とは、全米…

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP