[スポンサーリンク]

F

フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

 

概要

2-アミノベンズアルデヒドとケトンを縮合させてキノリン誘導体を合成する手法。

 

基本文献

  •  Friedlander, P. Ber. 1882, 15, 2572.
  •  Friedlander, P.; Gohring, C. F. Ber. 188316, 1833.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 113. DOI: 10.1021/cr60095a006
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. DOI: 10.1021/cr60111a001
  •  Cheng, C. C.; Yan, S. J. Org. React. 198228, 37. doi: 10.1002/0471264180.or028.02
  • Marco-Contelles, J.; Prez-Mayoral, W.; Samadi, A.; Carreiras, M. C.; Soriano, E. Chem. Rev. 2009, 109, 2652. DOI: 10.1021/cr800482c

 

反応機構

friedlander_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  2. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  3. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  4. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  5. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  6. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  7. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  8. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フェノールのC–O結合をぶった切る
  2. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  3. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  4. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  5. Chemical Science誌 創刊!
  6. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  7. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  8. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  9. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化反応
  10. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP