[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第30回ケムステVシンポ「世界に羽ばたく日本の化学研究」ーAldrichimica Actaコラボレーションを開催します

[スポンサーリンク]

化学の最新研究を伝えるケムステVシンポ。おかげさまでついに第30回を迎えました。

2020年春の新型コロナによる緊急事態宣言をきっかけに学びをとめないということではじめた本シンポジウム。累計で3万人以上の参加者がライブ配信で化学を楽しんでいます。

さて、記念すべき第30回は、メルクの単独協賛にて開催いたします。メルクの国際論文誌Aldrichimica Acta(アクタ)はご存知でしょうか。基本的に招待論文であるため、有名化学者の執筆により、50年以上最新研究を発信し続けています。しかも、ずっとオープンアクセスで誰でも閲覧できることが特徴ですね。

そのAldrichimica Acta、2022年の第一号は、日本人特集号でした。副題としてThe Japanese Phoenixと名付けられたこの特集号では、日本を代表する3研究室の先生方に最新研究を執筆していただいています。

 今回はこのAldrichimica Actaとのコラボレーションとして、この日本人特集号に掲載された3名の研究者によるVシンポを開催したいと思います。

そして、第一回ぶりに、ケムステ代表こと、筆者がファシリテータを務めさせていただきます。30回目としてふさわしい素晴らしい研究者にご講演いただきますので皆様ぜひご参加よろしくお願いたします。

第30回Vシンポ概要

タイトル:「世界に羽ばたく日本の化学研究」ーAldrichimica Actaコラボレーション

対象:誰でも

開催日:2022 年 :9月27日 (火) 時間:18:00~20:00(1名約30分+質疑応答5分程度を目安)

会場:オンライン(YouTubeライブの限定URL配信)

定員:先着1500名(途中参加・退出自由)

言語:日本語

参加費:無料

講演者:

二木史朗先生(京大化研)「膜と相互作用する機能性ペプチド」
寺田眞浩先生(東北大理)「基質認識型・超強塩基性有機分子触媒の創製」
河村伸太郎先生(RIKEN)「フルオロアルキル分子の実用的な合成法の開発」

主催:Chem-Station

協賛:メルク株式会社

ファシリテーター:
山口潤一郎(早稲田大学・ケムステ代表)

モデレーター:
本田 麻里子(横浜国立大学・Chem-Stationスタッフ)
寄立 麻琴(九大院薬 助教・Chem-Stationスタッフ)
安田 大輔 (大阪医薬大薬 助教・Chem-Stationスタッフ)

参加登録:Connpass利用ガイドはこちら

Connpassイベントページで行ってください・開始15分前(17:45)まで受付

参加登録はこちら

参加登録して URL さえゲットすれば、YouTube Live に間に合わなくても数日間タイムシフト視聴できます。

協賛企業から記念プレゼントキャンペーン

今回はさらに協賛企業からプレゼントキャンペーンを用意していただきました!

アンケートにご協力頂いた方の中から、抽選で3名様にSigma-Aldrichオリジナルデザインのワイヤレス充電器を、20名様に周期表デザインクリアファイルを、プレゼント!皆様のご応募をお待ちしております!
【応募締切】2022年9月30日18:00まで

応募はこちら!

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトをご訪問ください。

Merck

Aldrichimica Acta(アクタ)は化学の最新の話題・情報を提供するSigma-Aldrichの論文誌で、50年以上にわたり世界各国の研究者の皆様にご愛読いただいております。

【最新号「日本の化学特集」のダウンロードはこちら】
https://bit.ly/Acta_JP_Special
【1968年より続くAldrichimica Actaのアーカイブはこちら】
https://bit.ly/Acta_Archives
【ケムステVシンポ協賛記念プレゼントキャンペーン実施中!】
https://bit.ly/Acta_Campaign
【Aldrichimica Acta最新号はメールニュースでお知らせ】
http://bit.ly/3x3sgWw_ChemNews

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大学入試のあれこれ ①
  2. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  3. 第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現…
  4. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子…
  5. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  6. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞201…
  7. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  8. 天秤で量れるのは何mgまで?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  2. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  3. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録① 〜博士,米国に上陸す〜
  5. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  6. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  7. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  8. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  9. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  10. 大学院生が博士候補生になるまでの道のり【アメリカで Ph.D. を取る –Qualification Exam の巻 前編】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

化学メーカー発の半導体技術が受賞

積水化学工業株式会社の高機能プラスチックスカンパニー開発研究所エレクトロニクス材料開発センターが開発…

ラジカル種の反応性を精密に制御する-プベルリンCの世界初全合成

第466回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科 天然物合成化学教室 (井上研究室)…

Biotage Selekt+ELSD【実機レビュー】

最近では、有機合成研究室には1台以上はあるのではないかという自動フラッシュ精製装置ですが、その中でも…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP