[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Kosuge

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

  1. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固体物理学者である。専門分野は、分子性固体の固体物性、半導体エレクトニクス・スピントロニクス。東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授。…

  2. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  3. 第16回ケムステVシンポ「マテリアルズインフォマティクス?なにそれおいしいの?」を開催します!

    気付けば2021年度も、はや5月末。とどまることを知らない新型コロナのせいで、今年こそは「オンサイト…

  4. ゲルのやわらかさの秘密:「負のエネルギー弾性」を発見

    第313回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 鄭・酒井…

  5. 作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–

    第311回のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院 理工学研究科 基礎化学コー…

  6. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生

  7. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

  8. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生

  9. 第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

  10. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

  11. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 有機合成化学協会誌3月号:鉄-インジウム錯体・酸化的ハロゲン化反応・両親媒性ジアリールエテン会合体・アミロイド選択的光酸素化・カリウムイオン競合型アシッドブロッカー
  3. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~
  4. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  5. 外国人研究者あるある
  6. 光照射による有機酸/塩基の発生法:①光酸発生剤について
  7. 有機EL organic electroluminescence

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP