[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Kosuge

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

  1. 宇宙なう:結晶生成サービス「Kirara」を利用してみた

    新年度あけましておめでとうございます。映画The First Slam Dunkでは出番がなかったKosugeでございます(岸本選手は一瞬出ていましたね)。本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。さてタイトルの「宇宙なう」ですが、…

  2. 有賀先生に質問しよう!!【第29回ケムステVシンポ特別企画】

    有賀先生は、表面化学や超分子化学などの有機材料分野で素晴らしい成果を上げておられる研究者としての側面…

  3. 有賀 克彦 Katsuhiko Ariga

    有賀克彦(Katsuhiko Ariga)は、日本の材料化学・ナノテクノロジー・超分子化学者である。…

  4. 第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

    コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

  5. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  6. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

  7. 第16回ケムステVシンポ「マテリアルズインフォマティクス?なにそれおいしいの?」を開催します!

  8. ゲルのやわらかさの秘密:「負のエネルギー弾性」を発見

  9. 作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–

  10. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生

  11. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

  12. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生

  13. 第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

  14. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

  15. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 粘土に挟まれた有機化合物は…?
  2. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  3. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  4. MIを組織内で90日以内に浸透させる3ステップ
  5. MSH試薬 MSH reagent
  6. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  7. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

PAGE TOP