[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

[スポンサーリンク]

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃かと思いますが皆様いかがお過ごしでしょうか?笑

さてそんな世の中ですが、第29回ケムステVシンポの会告です。
今回は、論文発表や研究コミュニケーションをテーマに、下記のような学術雑誌の編集者(兼 研究者)をお招きし、科学における論文出版やアウトリーチについて、ざっくばらんに語り合うという、他では類を見ないシンポジウムを企画しました。

 

東京大学 藤田先生の「化学と工業」誌の論説でも「論文を書こう!」というのタイトルの(遅筆な私にとっては極めて耳の痛い)記事がありました。「良い論文を書く」というのは研究者にとっては最も重要です。一方で、税金を使って研究をしている研究者たるもの、科学技術に関する説明責任を負っており、「いい研究をしていい論文を書けばそれで良いよ」というわけではなく「その後」も重要です。購読の壁に阻まれることなく、研究成果をオンラインですべての人が即時に無料で利用できる「オープンアクセス」や、一般にもわかりやすい「アウトリーチ」も重要です。ヨーロッパでは論文のオープンアクセスが義務化されているケースが主流になってきていますが、日本はまだまだ、という状況です。

 

これらのテーマに関し、ネイチャー・ポートフォリオの出版誌 Communications Chemistry の編集者であるTeresa Ortner氏、シュプリンガー・ネイチャーのアカデミック・エンゲージメント・ディレクター 浦上裕光 氏をお招きし、研究成果を如何にして良い論文に仕上げるかについて、また、シュプリンガー・ネイチャーにおけるオープンアクセスの最近の動向について講演していただきます。

また、日本の誇る化学雑誌、BCSJの編集長として過去数年でBCSJのインパクトファクターを5以上にまで急成長させたほか、「現代化学」での質問コーナーや、ナノカーレース参戦(祝・優勝!)など、アウトリーチ活動においてもトップクラスの活躍を見せていらっしゃる、有賀克彦先生(NIMS-MANA)をお招きし、思いを存分に語っていただきます。(ちなみに私のお勧めは有賀先生の化学と工業(2016年8月)誌での「私の自慢」の記事です。)

アウトリーチという点に関しては、実際、我らのケムステーションも日本では大きな役割を果たしていると思っております。実は、私の学友の本多智先生(東京大学)がOrtner氏の所属するCommunications Chemistryの編集委員会のメンバーとして働いており、日本にはケムステやケムステVシンポという素晴らしいアウトリーチの場があるよ、というお話からOrtner氏に興味を持ってもらい、このVシンポの開催に至った、というヒューマンエピソードがありました。しかし、我々のケムステでの活動が海を越えて伝わっていくというのは感動しますね!ということで、今回は本多先生と共同ファシリテーターという形でお送りしていきたいと思います。本多先生もComms. Chem.で自身の研究室の学生を圧倒的にアウトリーチしたりなど、サイエンスコミュニケーションに非常に造詣のある先生です。

今回のようなネイチャー・ポートフォリオの編集者による講演というのは、大学を挙げて招聘したりするケースが多いのですが、今回はこれまでのケムステVシンポ同様で開催します!また、講演の全てを後日公開できるわけではございませんので、みなさんご登録の上、この機会をお見逃しなく!!

実施概要

第29回ケムステVシンポジウム

「論文を書こう!そして…」
対象:誰でも
開催日:2022年8月31日(水)
講演会:17:00~(1名30分 “程度” を目安、各講演間に休憩3-5分程度)
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着 1500名(途中参加・退出自由)
言語:英語(Ortner博士)、日本語
参加費:無料
講演者
Teresa Ortner 博士(ネイチャー・ポートフォリオ) @tsortner「Publishing in Nature Portfolio Journals」
浦上 裕光 博士(シュプリンガー・ネイチャー)「オープンアクセス(OA)の現状とSpringer Natureの活動」
有賀 克彦 先生(NIMS MANA)「自由で楽しい研究活動:論文執筆、ジャーナル編集、アウトリーチ」

参加登録Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、開始時間に間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ

主催Chem-Station

協賛Springer Nature

ファシリテーター

石割 文崇(大阪大学) & 本多 智(東京大学、ネイチャー・ポートフォリオ)

モデレーター(予定)

生長幸之助(産総研、Chem-Station 副代表) 宮田 潔志(九州大学) 野口真司(北海道大学) 本田 麻里子(横浜国立大学)

念を押しますが、参加登録いただいた方に配布するURLから数日間は講演内容を見返すことができます。それ以降はアーカイブ視聴不可となる貴重な講演内容が大部分を占めますので、参加登録とライブでのご視聴をよろしくお願いします!

 

協賛企業からのお知らせ

 

シュプリンガー・ネイチャー

シュプリンガー・ネイチャーは、180年以上にわたり、研究コミュニティー全体へ最良のサービスを提供することによって発見の進展に貢献してきました。
研究者が新しいアイデアを公開することを支援するとともに、公開する全ての研究が重要でロバストで、客観的な精査にも耐え、関心を持つ全ての読者に最も良いフォーマットで届き、発見、アクセス、使用、再利用、および共有されるようにします。
学術出版社として、シュプリンガー、ネイチャー・ポートフォリオ、BMC、Palgrave Macmillan、Scientific Americanなどの信頼されたブランドを有しています。
https://www.springernature.com/gp

 

関連リンク

Teresa Ortner 博士
有賀克彦 先生 に関連するケムステ記事
本多 智 先生 に関連するケムステ記事など

Kosuge

投稿者の記事一覧

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

関連記事

  1. ありふれた試薬でカルボン酸をエノラート化:カルボン酸の触媒的α-…
  2. 中国へ行ってきました 西安・上海・北京編③
  3. 置き去りのアルドール、launch!
  4. 人と人との「結合」を「活性化」する
  5. セライトのちょっとマニアックな話
  6. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  7. 日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました
  8. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途
  2. 第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!
  3. 化学探偵Mr.キュリー6
  4. 第170回―「化学のジョブマーケットをブログで綴る」Chemjobber
  5. ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?
  6. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  7. 第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」
  8. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids
  9. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  10. シュガーとアルカロイドの全合成研究

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP