[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生

[スポンサーリンク]

今回の記事では、第14回 ケムステバーチャルシンポジウム「スーパー超分子ワールド」をより楽しむべく、講師の一人である 宮島 大吾先生について紹介いたします。

 

宮島 大吾 先生(理研・ユニットリーダー)

略歴

2013 東京大学工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 博士課程修了
2013 理化学研究所創発物性科学研究センター 特別研究員
2014 理化学研究所創発物性科学研究センター 基礎科学特別研究員
2017 理化学研究所 創発物性科学研究センター 上級研究員
2018 理化学研究所 創発物性科学研究センター 統合物性科学研究プログラム 情報変換ソフトマター研究ユニット ユニットリーダー(現職)

人物紹介

宮島大吾先生は、東京大学工学系研究科 相田研究室にて博士号を取得し、その後は理化学研究所で相田卓三先生と一部共同で研究を続けられ、2018年からはユニットリーダーとして研究を進められております。また、学生時代には米カリフォルニア大学サンタバーバラ校 Craig J. Hawker先生の元に留学されました[5]。アメリカでは現地の学生たちとバスケットボールを楽しんだり、ダイビングのライセンスを取得したりなど、非常にアクティブな先生です。

学生時代から現在に至るまで、Scienceなどのトップジャーナルに掲載されるような顕著な成果を、本当に数多く挙げられています(最下図参照)[1–4]。およそ、日本国内で超分子に携わる研究者で宮島大吾の名前を知らないものはいないでしょう。実際、「天才宮島」と呼称されているのも耳にします。私も、宮島先生の講演を聞くたびに本当にすごいなあと驚嘆しています。有名な「リビング超分子重合」の講演を初めて聞いたときは、「あ、超分子ポリマーの分子量、GPCで測っちゃいましたか。(バラバラにならないんすか)(最下図参照)」と驚嘆したのを今でも覚えています。

しかし実は私は宮島先生と年齢も近いので、スラムダンクの陵南戦後半、点を取りまくる流川を見て海南大付属の牧が清田に言った、

「ヤツは本物だ。同学年にあの男がいるっていうのはこれからずっとお前について回る問題だろうな」

というセリフを彷彿せざるをえないです(実際に私が問題だと思ってるわけではないです笑)。宮島先生は実際にそれほどまでに卓越した研究者です。

 

さてそのような宮島先生ですが、いったいどのような方なのでしょうか? その答えがほぼ分かる記事が実は存在します。宮島先生は2020年「高分子」1月号のグローイングポリマー(若手研究者の経歴紹介的記事)「ただ前を向いて、時々振り返る」というタイトルの、

「学部時代からがむしゃらに研究に取り組んで来たつもりだ。誰よりも実験し、誰よりも論文を読もうと意識していた。」

から始まる記事を寄稿されており、宮島先生の人となりがとてもよくわかります。興味のある方は、高分子学会に入会の後、ぜひ読んでみてもらえればと思います。私も学生の頃の宮島先生をよく知っているわけではないのですが、学生時代には午前2時に帰って午前5時に研究室にやってくるということもあったようで(現在でも理研の駐車場に止めた車の中で寝ていたという情報も耳にしますが)、本当に凄まじい努力をされてきたことが伺われます。つまり宮島先生のこれまでの業績は持って生まれた天性の才能(だけ)ではなく、不断の努力により生まれたものであるということです。

しかも研究成果も、リビング超分子重合のような超分子に関する研究のみならず、強誘電液晶の開発やカーボンナイトライドのアクチュエーターの研究や、なんとMRIに関する研究もされているようです。このように多岐にわたる分野で素晴らしい成果を挙げられていますが、分野が変わるたびに血の滲むような努力をされてきたに違いありません。スラムダンクにおける、ポジション変化に伴う河田雅史の血の滲むような努力が彷彿せざるをえないところです。河田選手(兄)は身長の165cmで山王工業に入学してから身長の伸び(最終的に194cm)とともに、ポジションがガードからセンターまで変化していき、「ポジションを変えられるたびに相当な努力をしたに違いない」と相田弥生に言わしめていますが、宮島先生もまさにそのような努力を経験してきたに違いありません。

つまり、宮島先生の輝かしい成果を見て「宮島先生すげーなー」だの、「河田雅史は住む世界が違う…」などと言っている場合ではないんですね(笑)自分が努力不足だということです(笑)もっと頑張らなければ、、(自戒)ということを常に思い出させてくれる、かけがえのない存在です。

 

宮島先生の成果のごく一部です。詳しい研究内容は参考文献(プレス記事)をご参照ください。

 

さて、なんだかとりとめのない記事になってしまいましたが、このような努力の鬼とも言えるような宮島先生の今回の講演タイトルは、「π共役分子を真っ直ぐ並べる」です! 宮島先生の努力の結晶をお楽しみいただければと思います!それではお楽しみに!!

 

関連記事

Vシンポ参加登録はこちら

参考文献

  1. 世界初の強誘電性カラムナー液晶の開発 (Science 2012).
  2. 超分子ポリマーを精密につくる(Science 2015)
  3. 環境の変化を感知し、半永久的に駆動するアクチュエーター (Nature Mater 2016)
  4. 加熱しても冷却してもできる超分子ポリマー (Nature Chem 2017)
  5. Hawker, C. J et al., ACS Nano 2012, 6, 12, 10845.

Kosuge

投稿者の記事一覧

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

関連記事

  1. 銀イオンクロマトグラフィー
  2. 世界最大級のマススペクトルデータベース「Wiley Regist…
  3. 美術品保存と高分子
  4. 有機合成化学協会誌2022年10月号:トリフルオロメチル基・気体…
  5. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  6. 有機合成化学協会誌2019年7月号:ジアステレオ選択的Joull…
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)…
  8. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と夢語り合い
  2. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表
  3. デヴィッド・リー David A. Leigh
  4. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される
  5. ナノ粒子応用の要となる「オレイル型分散剤」の謎を解明-ナノ粒子の分散凝集理論の発展に貢献-
  6. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現
  7. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  8. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  9. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  10. 第63回野依フォーラム例会「データ駆動型化学が拓く新たな世界」特別配信

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP