[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チン・リン Qing Lin

[スポンサーリンク]

チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニューヨーク州立大学バッファロー校 教授。(引用:SUNY Blog)

経歴

1994 中国科学技術大学 卒業
1997 ピッツバーグ大学 修士号取得
2000 イェール大学 博士号取得 (A. D. Hamilton教授)
2000-2003 スクリプス研究所 博士研究員(Peter Schultz教授)
2005 ニューヨーク州立大学 バッファロー校 助教授
200x ニューヨーク州立大学 バッファロー校 准教授
200x ニューヨーク州立大学 バッファロー校 教授

研究概要

生体直交型化学反応の開発とケミカルバイオロジーへの展開

ジアリールテトラジンを光照射することで生じるとの[3+2]付加環化反応[1]や、各種ステープルペプチドの創製などを主軸とした研究を行なっている。

関連文献

  1. “Photoinducible Bioorthogonal Chemistry: A Spatiotemporally Controllable Tool to Visualize and Perturb Proteins in Live Cells” Lim, R. K. V.; Lin, Q. Acc. Chem. Res. 2011, 44, 828. DOI: 10.1021/ar200021p
  2. “Photo-Triggered Click Chemistry for Biological Applications” Herner, A.; Lin, Q. Top. Curr. Chem. 2016, 374, 1.

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Wen-Jing Xiao
  2. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  3. 田中耕一 Koichi Tanaka
  4. Qi-Lin Zhou 周其林
  5. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  6. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  7. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  8. ティム・スワガー Timothy M. Swager

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン
  2. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  3. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  4. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」
  5. クロスカップリング反応関連書籍
  6. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  7. カルボラン carborane
  8. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  9. 2008年10大化学ニュース2
  10. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP