[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チン・リン Qing Lin

チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニューヨーク州立大学バッファロー校 教授。(引用:SUNY Blog)

経歴

1994 中国科学技術大学 卒業
1997 ピッツバーグ大学 修士号取得
2000 イェール大学 博士号取得 (A. D. Hamilton教授)
2000-2003 スクリプス研究所 博士研究員(Peter Schultz教授)
2005 ニューヨーク州立大学 バッファロー校 助教授
200x ニューヨーク州立大学 バッファロー校 准教授
200x ニューヨーク州立大学 バッファロー校 教授

研究概要

生体直交型化学反応の開発とケミカルバイオロジーへの展開

ジアリールテトラジンを光照射することで生じるとの[3+2]付加環化反応[1]や、各種ステープルペプチドの創製などを主軸とした研究を行なっている。

関連文献

  1. “Photoinducible Bioorthogonal Chemistry: A Spatiotemporally Controllable Tool to Visualize and Perturb Proteins in Live Cells” Lim, R. K. V.; Lin, Q. Acc. Chem. Res. 2011, 44, 828. DOI: 10.1021/ar200021p
  2. “Photo-Triggered Click Chemistry for Biological Applications” Herner, A.; Lin, Q. Top. Curr. Chem. 2016, 374, 1.

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  2. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  3. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  4. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham…
  5. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  6. エリック・メガース Eric Meggers
  7. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  8. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表
  2. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  3. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  4. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis
  5. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  6. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編
  7. ストーク エナミン Stork Enamine
  8. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  9. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  10. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP