[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チン・リン Qing Lin

[スポンサーリンク]

チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニューヨーク州立大学バッファロー校 教授。(引用:SUNY Blog)

経歴

1994 中国科学技術大学 卒業
1997 ピッツバーグ大学 修士号取得
2000 イェール大学 博士号取得 (A. D. Hamilton教授)
2000-2003 スクリプス研究所 博士研究員(Peter Schultz教授)
2005 ニューヨーク州立大学 バッファロー校 助教授
200x ニューヨーク州立大学 バッファロー校 准教授
200x ニューヨーク州立大学 バッファロー校 教授

研究概要

生体直交型化学反応の開発とケミカルバイオロジーへの展開

ジアリールテトラジンを光照射することで生じるとの[3+2]付加環化反応[1]や、各種ステープルペプチドの創製などを主軸とした研究を行なっている。

関連文献

  1. “Photoinducible Bioorthogonal Chemistry: A Spatiotemporally Controllable Tool to Visualize and Perturb Proteins in Live Cells” Lim, R. K. V.; Lin, Q. Acc. Chem. Res. 2011, 44, 828. DOI: 10.1021/ar200021p
  2. “Photo-Triggered Click Chemistry for Biological Applications” Herner, A.; Lin, Q. Top. Curr. Chem. 2016, 374, 1.

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 遠藤守信 Morinobu Endo
  2. ヨン・ピエール Jorn Piel
  3. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…
  4. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  5. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  6. 建石寿枝 Hisae Tateishi-Karimarta
  7. 橘 熊野 Yuya Tachibana
  8. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  2. MOF-74: ベンゼンが金属鎖を繋いで作るハニカム構造
  3. プロジェクトディレクトリについて
  4. The Journal of Unpublished Chemistry
  5. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  6. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–
  7. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  8. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授
  9. 化学系スタートアップ2社の代表が語る、事業の未来〜業界の可能性と働き方のリアルとは〜
  10. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP