[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Macy

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

  1. CV測定器を使ってみた

    「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います。しかし、最近は電気や光エネルギーを誘起化学反応に応用し、膨大な新反応が開発されています。こんな新反応を使うにも・作るにも、自分が合成した化…

  2. 【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

    『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

  3. ネコがマタタビにスリスリする反応には蚊除け効果があった!

    第302回のスポットライトリサーチは、岩手大学農学部の宮崎雅雄 先生の研究室に所属する上野山怜子(う…

  4. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎

    第298回のスポットライトリサーチは、最近 山梨大学 工学部応用化学科でPI助教(JSPS卓越研究員…

  5. ホウ素でがんをやっつける!

    「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

  6. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発

  7. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  8. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

  9. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

  10. 嵩高い非天然α,α-二置換アミノ酸をさらに嵩高くしてみた

  11. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告

  12. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  13. 山東信介 Shinsuke Sando

  14. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

  15. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ①

  16. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  2. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』
  3. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー
  4. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  5. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  6. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  7. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP