[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Macy

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

  1. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?

    理化学研究所株式会社 JEOL RESONANCEイムラ・ジャパン株式会社の共同研究グループは高分解能ポータブルNMR(200 MHz)の開発に成功した。既存の卓上NMRの中で最高磁場であり、持ち運びも容易なハイスペック…

  2. 第4回「YUGOKAFe」に参加しました!

    こんにちは、Macyです!2021年11月22日(月)に有機合成化学協会が主催する啓蒙&研究…

  3. SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

    先日公開されたこちらのケムステ記事と動画、皆さんご覧になって頂けましたでしょうか?https…

  4. 有機合成のための新触媒反応101

    (さらに…)…

  5. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します③

    本シリーズ第3段のテーマは「iPadの活用術」です!(第1回、第2回)実は、この内容…

  6. Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

  7. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

  8. 秋田英万 Akita Hidetaka

  9. 第22回ケムステVシンポ「次世代DDSナノキャリア」を開催します!

  10. CV測定器を使ってみた

  11. 【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

  12. ネコがマタタビにスリスリする反応には蚊除け効果があった!

  13. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎

  14. ホウ素でがんをやっつける!

  15. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発

  16. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ゲオスミン(geosmin)
  2. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  3. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  4. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  5. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  6. 揮発した有機化合物はどこへ?
  7. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

注目情報

最新記事

抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究

第362回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院農学研究科(入江研究室)・八木田凌太郎さんにお願…

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

見逃し配信のお申込みはこちら■概要2021年10月13日に開催されたウェブセミナー「マテ…

第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

PAGE TOP