[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Macy

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

  1. ネコがマタタビにスリスリする反応には蚊除け効果があった!

    第302回のスポットライトリサーチは、岩手大学農学部の宮崎雅雄 先生の研究室に所属する上野山怜子(うえのやまれいこ)さんにお願いしました。宮崎先生の研究室では、匂いやフェロモンを介した動物の嗅覚コミュニケーションを分子レベルで解き明…

  2. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎

    第298回のスポットライトリサーチは、最近 山梨大学 工学部応用化学科でPI助教(JSPS卓越研究員…

  3. ホウ素でがんをやっつける!

    「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

  4. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発

    第293回のスポットライトリサーチは、九州大学 薬学研究院 環境調和創薬化学分野(大嶋研究室)・田中…

  5. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

    水口賢司は、日本の生化学者・計算生物学者である。医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センタ…

  6. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

  7. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

  8. 嵩高い非天然α,α-二置換アミノ酸をさらに嵩高くしてみた

  9. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告

  10. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  11. 山東信介 Shinsuke Sando

  12. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

  13. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ①

  14. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授

  15. ケムステVシンポまとめ

  16. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  2. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  3. “click”の先に
  4. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した
  5. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  6. ディスコデルモライド /Discodermolide
  7. エコエネルギー 家庭で競争

注目情報

最新記事

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

PAGE TOP