[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

[スポンサーリンク]

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
まとめ作業とデスクワークに集中できない〜〜という人
もうすぐ発表会が終わる!という人
いやいや、うちは遅くて3月なんですという人
事情は様々かと思いますが、来たる2/18(土)に最もホットな創薬モダリティーの一つ抗体薬物複合体:ADCをテーマとしたVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催致します!
そして、今回はケムステVシンポ初となる味の素 株式会社の持ち込み&単独協賛企画です。いつも協賛頂いているMerck株式会社の持ち込み企画(第21回, 第30回)を除けば、企業の持ち込みとしては初となります。今後もこのような持ち込み企画は増えて来るかも??(興味があれば是非ご連絡下さい)

ADCって何?

つい先日のノーベル化学賞:生体直行反応(クリック反応)は、抗体や酵素などのタンパク質修飾にも利用されています。20種の天然アミノ酸から構成されるタンパク質中には、リジン、システイン、メチオニン、スレオニン、セリンなどなど、反応性のヘテロ原子を持つアミノ酸残基や、電子豊富な芳香環を持つチロシン、トリプトファン、ヒスチジンなど、多種多様な官能基が共存しています。さらに、多くのたんぱく質は水中(中性buffer中)で取り扱う必要があるため、これらアミノ酸残基や水により失活しない生体直行性を有する反応基を利用することで修飾されます。
そのようなタンパク質修飾技術の応用例の一つが抗体薬物複合体(Antibody Drug Conjugate: ADC)です。抗体とは、抗原に対して選択的に結合する免疫反応の主役ですが、がん細胞のマーカーを認識する抗体なども作成可能であり、この抗体の抗原認識部位以外の部分に高活性抗がん剤を結合させると、がん細胞選択的に抗がん剤を作用させることができます。つまり、がん細胞を狙い撃ちすることで、単剤投与では毒性が強い抗癌剤の副作用を低減し、薬効を高めることが可能です。

 

さて、今回のVシンポでは、タンパク質修飾技術やADCそのものの開発を行っている研究者を日米・産学から3名お呼びしました!(講演はすべて日本語です)
国際時間を加味して、いつものVシンポでは選ばない土曜の昼を開催時刻として設定しました。Chem-Station World ADCという副題がぴったりのVシンポですが、もう少し内容がわかりやすいタイトルと副題を優先しました(笑)
若い学生や企業の方、幅広い層に興味を持って頂けるシンポジウムとなると思いますので、お見逃しなく!!

実施概要

第37回ケムステVシンポジウム
抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜

対象:誰でも

開催日:2023 年 2 月 18日 (土曜日)

時間 :13:00-15:30(1 名あたり講演 30 分+質疑応答 5 分程度を目安、各講演間に協賛企業からのお知らせ 5 分程度)

会場 :オンライン(講演者は Zoom 使用・YouTubeライブ の限定 URL 配信)
定員 :先着 1,500 名(途中参加・退出自由)
言語 :日本語
参加費:無料

講演者

  1. 佐藤伸一 先生(東北大学際研・助教)
    「チロシン/ヒスチジン残基の修飾制御と抗体修飾への応用」
  2. 土釜恭直 先生(テキサス大学・准教授)
    「二重搭載型ADCの開発」
  3. 松田豊 先生(Ajinomoto Bio-Pharma Services San Diego・ADC Project Manager)
    「次世代ADC創出プラットフォーム技術:AJICAP technology」

公演後にラウンドテーブルディスカッション(RTD)を予定しています。
いつもどおり質問も取り上げ、インタラクティブなRTDにする予定なので、どしどし書き込んで頂きますようお願いします!

参加登録:(Connpass利用ガイドはこちら)
Connpassイベントページで行ってください・開始15分前(18:15)まで受付

参加登録はこちら

*参加登録して URL さえゲットすれば、YouTube Live に間に合わなくても数日間タイムシフト視聴できます。

Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #糖化学

主催:Chem-Station
協賛:味の素株式会社

ファシリテーター
寄立麻琴(九大院薬・助教・ケムステスタッフ)

モデレーター
安田大輔(大阪医薬大薬・助教・ケムステスタッフ)
苅田譲(Novartis Institute for BioMedical Research, Principal scientist・ケムステスタッフ)

ADC関連記事

協賛企業からのお知らせ

味の素バイオ・ファーマ サービスは低分子および高分子の原薬および中間体の製法開発、GMP製造、無菌充填製剤化サービスを提供するグローバルなCDMO(受託開発・製造受託機関)です。ベルギー、米国、日本、インドの拠点との一貫した受託開発・製造組織として、低分子・高分子原体・中間体の包括的な開発・cGMP製造・無菌充填サービスを提供しています。
▼詳しくは下記をクリック
https://ajibio-pharma.ajinomoto.com/jp/

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. 分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の…
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編…
  3. whileの使い方
  4. 「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集
  5. 化学研究ライフハック:縦置きマルチディスプレイに挑戦!
  6. 原子量に捧げる詩
  7. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」
  8. 固体なのに動くシャトリング分子

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カンファー(camphor)
  2. マイクロ波によるケミカルリサイクル 〜PlaWave®︎の開発動向と事業展望〜
  3. 【書籍】タンパク質科学 生物物理学的なアプローチ
  4. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~
  5. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】
  7. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得
  8. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  9. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会
  10. 第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP