[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Macy

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

  1. CV測定器を使ってみた

    「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います。しかし、最近は電気や光エネルギーを誘起化学反応に応用し、膨大な新反応が開発されています。こんな新反応を使うにも・作るにも、自分が合成した化…

  2. 【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

    『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

  3. ネコがマタタビにスリスリする反応には蚊除け効果があった!

    第302回のスポットライトリサーチは、岩手大学農学部の宮崎雅雄 先生の研究室に所属する上野山怜子(う…

  4. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎

    第298回のスポットライトリサーチは、最近 山梨大学 工学部応用化学科でPI助教(JSPS卓越研究員…

  5. ホウ素でがんをやっつける!

    「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

  6. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発

  7. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  8. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

  9. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

  10. 嵩高い非天然α,α-二置換アミノ酸をさらに嵩高くしてみた

  11. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告

  12. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  13. 山東信介 Shinsuke Sando

  14. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

  15. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ①

  16. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 沼田 圭司 Keiji Numata
  2. ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~
  3. ノーベル化学賞まとめ
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻
  5. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  6. 料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える
  7. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくある失敗とその対策とは?

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP