[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

MasaN.

MasaN.

博士(工)。できる範囲で。

  1. 有機化学者の仕事:製薬会社

    M1, D2のみなさんは夏を過ぎるまでに進路を決めておきたいところですね。もし、将来の進路に製薬会社を頭の片隅に描いている方がいらっしゃるなら、具体的なイメージを掴んでもらうため、有機化学者がどのような現場で働いているか…

  2. 産業界のニーズをいかにして感じとるか

    はじめに産学連携が叫ばれ月日は経ちますが、最新の産業界のニーズをどこから取得すればいいのでしょう…

  3. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)

    はじめに大崎駅を降り、山手通りを南東に道なりに進むと、春には桜の美しい目黒川にあたる。川にかかる…

  4. 振動結合:新しい化学結合

    はじめに皆さん「振動結合」という結合をご存知ですか?この結合の存在により、ある反応系において、そ…

  5. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~

    前回「創薬開発で使用される偏った有機反応」として、創薬現場で使われる反応に偏りがあることを述べました…

  6. 創薬開発で使用される偏った有機反応

  7. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!

  8. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較

  9. 被引用回数の多い科学論文top100

  10. 年に一度の「事故」のおさらい

  11. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)

  12. 細胞の中を旅する小分子|第二回

  13. 細胞の中を旅する小分子|第一回

  14. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超原子価ヨウ素試薬PIFAで芳香族アミドをヒドロキシ化
  2. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  3. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  4. 再生医療関連技術ーChemical Times特集より
  5. 2012年イグノーベル賞発表!
  6. リガンド革命
  7. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

PAGE TOP