[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

MasaN.

MasaN.

博士(工)。できる範囲で。

  1. 有機化学者の仕事:製薬会社

    M1, D2のみなさんは夏を過ぎるまでに進路を決めておきたいところですね。もし、将来の進路に製薬会社を頭の片隅に描いている方がいらっしゃるなら、具体的なイメージを掴んでもらうため、有機化学者がどのような現場で働いているか…

  2. 産業界のニーズをいかにして感じとるか

    はじめに産学連携が叫ばれ月日は経ちますが、最新の産業界のニーズをどこから取得すればいいのでしょう…

  3. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)

    はじめに大崎駅を降り、山手通りを南東に道なりに進むと、春には桜の美しい目黒川にあたる。川にかかる…

  4. 振動結合:新しい化学結合

    はじめに皆さん「振動結合」という結合をご存知ですか?この結合の存在により、ある反応系において、そ…

  5. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~

    前回「創薬開発で使用される偏った有機反応」として、創薬現場で使われる反応に偏りがあることを述べました…

  6. 創薬開発で使用される偏った有機反応

  7. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!

  8. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較

  9. 被引用回数の多い科学論文top100

  10. 年に一度の「事故」のおさらい

  11. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)

  12. 細胞の中を旅する小分子|第二回

  13. 細胞の中を旅する小分子|第一回

  14. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から

スポンサー

ピックアップ記事

  1. キース・ファニュー Keith Fagnou
  2. スピノシン spinosyn
  3. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  4. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  5. ボロールで水素を活性化
  6. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  7. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

注目情報

最新記事

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

PAGE TOP