[スポンサーリンク]


化学者のつぶやきスポットライトリサーチ

  1. 高分子のらせん構造を自在にあやつる -溶媒が支配する右巻き/左巻き構造形成の仕組みを解明-

    第143回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科杉野目研究室の長田 裕也 (ながた ゆうや)助教を紹介します。京大杉野目研究室では、らせん高分子に代表される巨大分子の自在合成や、典型元素の性質を活かした反応開発など多彩…

  2. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功

    第142回目のスポットライトリサーチは、筑波大学数理物質系西堀研究室の笠井秀隆先生にお願いしました。…

  3. 光親和性標識法の新たな分子ツール

    新年度第一回目、計第141回目のスポットライトリサーチは理化学研究所(理研)袖岡有機合成化学研究室の…

  4. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

    第140回目のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系 大宮研究室の安田茂雄助教にお願…

  5. き裂を高速で修復する自己治癒材料

    第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

  6. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発

  7. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング

  8. メタンガスと空気からメタノールを合成する

  9. プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発

  10. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

  11. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える

  12. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!

  13. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する

  14. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

  15. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–

  16. 世界初の有機蓄光

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  2. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  3. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成
  4. 有機反応機構の書き方
  5. 混合原子価による芳香族性
  6. ナイトレン
  7. EUで化学物質規制のREACHが施行

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

PAGE TOP