[スポンサーリンク]


化学者のつぶやきスポットライトリサーチ

  1. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

    第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重光孟博士(現在は大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 木田研究室の助教としてご勤務されています)にお願いしました。浜地研究室は既…

  2. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える

    新年第一回目、第133回のスポットライトリサーチは、埼玉大学理工学研究科(高橋 康弘教授)の 藤城 …

  3. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!

    第132回のスポットライトリサーチ。京都大学化学研究所山子研究室の茅原栄一助教にお話を伺いました。…

  4. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する

    第131回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所(西井準治教授)の藤岡 正弥 助教を紹…

  5. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  6. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–

  7. 世界初の有機蓄光

  8. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  9. Baird芳香族性、初のエネルギー論

  10. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用

  11. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

  12. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

  13. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成

  14. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成

  15. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

  16. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  2. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始
  3. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  4. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  5. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  6. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  7. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

PAGE TOP