[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固体物理学者である。専門分野は、分子性固体の固体物性、半導体エレクトニクス・スピントロニクス。東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授。…

  2. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

    但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

  3. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  4. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  5. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

  6. 岩田忠久 Tadahisa Iwata

  7. 橘 熊野 Yuya Tachibana

  8. 沼田 圭司 Keiji Numata

  9. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  10. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  11. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

  12. グラーメ・モード Graeme Moad

  13. サン・タン San H. Thang

  14. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  15. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  16. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  2. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  3. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. IRの基礎知識
  5. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  6. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる
  7. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

注目情報

最新記事

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

PAGE TOP