[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固体物理学者である。専門分野は、分子性固体の固体物性、半導体エレクトニクス・スピントロニクス。東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授。…

  2. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

    但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

  3. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  4. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  5. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

  6. 岩田忠久 Tadahisa Iwata

  7. 橘 熊野 Yuya Tachibana

  8. 沼田 圭司 Keiji Numata

  9. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  10. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  11. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

  12. グラーメ・モード Graeme Moad

  13. サン・タン San H. Thang

  14. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  15. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  16. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  2. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  3. 「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より
  4. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  5. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  6. 持田製薬、創薬研究所を新設
  7. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

PAGE TOP