[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本の錯体・有機金属化学、高分子化学ならびに超分子化学者である。東京工業大学化学生命科学(旧資源化学研究所)教授である。(写真:リンクより転載)…

  2. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

    ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

  3. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

    エチオ・リザード(Ezio Rizzardo、1943年12月26日(イタリア)-)は、オーストラリ…

  4. グラーメ・モード Graeme Moad

    グラーメ・モード(Graeme Moad、1952年6月25日-)は、オーストラリアの高分子化学者で…

  5. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高…

  6. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  7. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  8. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

  9. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

  10. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

  11. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  12. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

  13. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  14. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

  15. 原田 明 Akira Harada

  16. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction
  2. 親子で楽しめる化学映像集 その1
  3. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting Group
  4. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  5. 高峰譲吉の墓
  6. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  7. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP