[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は無機化学、高分子化学。特に金属錯体を利用した人工光合成系の開発で顕著な業績をあげている。新潟大学 教授。経歴…

  2. 岩田忠久 Tadahisa Iwata

    岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

  3. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

  4. 沼田 圭司 Keiji Numata

    沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

  5. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  6. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  7. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

  8. グラーメ・モード Graeme Moad

  9. サン・タン San H. Thang

  10. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  11. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  12. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

  13. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

  14. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

  15. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  16. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-2-yltrimethylsilane
  2. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  3. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  4. フェネストレンの新規合成法
  5. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!
  6. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  7. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

注目情報

最新記事

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

PAGE TOP