[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 佐藤 一彦 Kazuhiko Sato

    佐藤 一彦(さとう かずひこ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の化学者である。産業技術総合研究所・材料化学領域 領域長補佐。同所・触媒化学融合研究センターにおける元・研究センター長。理学博士。第7回ケムステVプレミアレクチャー講師。…

  2. 角田 佳充 Yoshimitsu Kakuta

    角田 佳充(かくた よしみつ)は、タンパク質の構造解析を研究している日本の高分子化学者である。九…

  3. 谷池俊明 Toshiaki Taniike

    谷池 俊明(たにいけ としあき)は日本の化学者である。北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科…

  4. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

    秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

  5. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  6. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

  7. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

  8. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

  9. 八木 政行 Masayuki Yagi

  10. 岩田忠久 Tadahisa Iwata

  11. 橘 熊野 Yuya Tachibana

  12. 沼田 圭司 Keiji Numata

  13. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  14. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  15. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

  16. グラーメ・モード Graeme Moad

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  2. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  3. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版
  4. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  5. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  6. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  7. 巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

注目情報

最新記事

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

PAGE TOP