[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本の錯体・有機金属化学、高分子化学ならびに超分子化学者である。東京工業大学化学生命科学(旧資源化学研究所)教授である。(写真:リンクより転載)…

  2. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

    ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

  3. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

    エチオ・リザード(Ezio Rizzardo、1943年12月26日(イタリア)-)は、オーストラリ…

  4. グラーメ・モード Graeme Moad

    グラーメ・モード(Graeme Moad、1952年6月25日-)は、オーストラリアの高分子化学者で…

  5. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高…

  6. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  7. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  8. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

  9. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

  10. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

  11. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  12. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

  13. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  14. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

  15. 原田 明 Akira Harada

  16. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  2. トビアス・リッター Tobias Ritter
  3. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  4. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  5. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  6. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  7. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP