[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高分子化学者である(写真:Monash University)。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員。経歴19…

  2. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

    ウルリッヒ・B・ウィーズナー(Ulrich B. Wiesner、19xx年x月…

  3. マイケル・レヴィット Michael Levitt

    マイケル・レヴィット(Michael Levitt、1947年5月9日、プリトリア(南アフリカ)生ま…

  4. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

    ドナルド・A・トマリア (Donald A. Tomalia、1938年x月xx日(…

  5. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

    澤本光男(さわもと みつお、1951年12月12日-)は日本の高分子化学者である。京都大学名誉教授 …

  6. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

  7. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  8. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

  9. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  10. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

  11. 原田 明 Akira Harada

  12. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

  13. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

  14. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  15. 岡本佳男 Yoshio Okamoto

  16. 八島栄次 Eiji Yashima

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑯:骨伝導ヘッドホンの巻
  5. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン
  6. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  7. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP