[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

[スポンサーリンク]

米製薬大手ファイザー<PFE.N>が20日発表した第3・四半期決算は、利益が15億9000万ドル(1株当たり利益0.22ドル)となり、前年同期の33億4000万ドル(同0.44ドル)から52%減少した。

 関節炎治療薬「セレブレックス」の売り上げ低迷や、後発薬品との競争が響いた。(引用:ロイター)

 セレブレックスはこの間、訴訟に負けて多額の賠償金を請求された米メルクのべクストラと類似した構造を有する鎮痛剤です。大手が立ち並び売り上げを落としています。新薬の開発に期待します。


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. のむ発毛薬で五輪アウトに
  2. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合…
  3. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  4. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  5. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  6. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  7. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  8. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サラシノール salacinol
  2. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  3. アピオース apiose
  4. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  5. 第18回次世代を担う有機化学シンポジウム
  6. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  7. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  8. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  9. 温故知新ケミストリー:シクロプロペニルカチオンを活用した有機合成
  10. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに&hellip;)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP