[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

米製薬大手ファイザー<PFE.N>が20日発表した第3・四半期決算は、利益が15億9000万ドル(1株当たり利益0.22ドル)となり、前年同期の33億4000万ドル(同0.44ドル)から52%減少した。

 関節炎治療薬「セレブレックス」の売り上げ低迷や、後発薬品との競争が響いた。(引用:ロイター)

 セレブレックスはこの間、訴訟に負けて多額の賠償金を請求された米メルクのべクストラと類似した構造を有する鎮痛剤です。大手が立ち並び売り上げを落としています。新薬の開発に期待します。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  2. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  3. パーキンソン病治療の薬によりギャンブル依存に
  4. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  5. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  6. 日本化学会第85回春季年会
  7. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  8. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一流化学者たちの最初の一歩
  2. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  3. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  4. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  5. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  6. インドの化学ってどうよ
  7. ハートウィグ有機遷移金属化学
  8. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  9. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  10. 材料適合性 Material compatibility

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP