[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

米製薬大手ファイザー<PFE.N>が20日発表した第3・四半期決算は、利益が15億9000万ドル(1株当たり利益0.22ドル)となり、前年同期の33億4000万ドル(同0.44ドル)から52%減少した。

 関節炎治療薬「セレブレックス」の売り上げ低迷や、後発薬品との競争が響いた。(引用:ロイター)

 セレブレックスはこの間、訴訟に負けて多額の賠償金を請求された米メルクのべクストラと類似した構造を有する鎮痛剤です。大手が立ち並び売り上げを落としています。新薬の開発に期待します。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  2. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  4. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  5. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  6. 114番元素と116番元素が正式認可される
  7. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  8. 理研も一般公開するよ!!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  2. マーティン・バーク Martin D. Burke
  3. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  4. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  5. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  6. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  7. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis
  8. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  9. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  10. ジョン・スティル John K. Stille

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP