[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース高分子化学

  1. 白川英樹 Hideki Shirakawa

    白川英樹 (しらかわ ひでき、1936年8月20日-)は、日本の高分子化学者である。筑波大学名誉教授(写真:alchetron.com)。「導電性高分子材料の開発」により、2000年ノーベル化学賞を受賞。 (さらに…)…

  2. 池田 富樹 Tomiki Ikeda

    池田 富樹(いけだ とみき、19xx年xx月xx日-)は、日本の高分子化学者、材料化学者である(写真…

  3. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

    ロバート・H・グラブス(Robert H. Grubbs, 1942年2月27日-2021年12月1…

  4. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

    クリストフ・マッテャシェフスキー(Krzysztof Matyjaszewski、1950年4月…

  5. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake

    国武豊喜 (くにたけ とよき、1936年2月26日-) は日本の有機化学者、高分子化学者である。現在…

  6. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart

  7. トビン・マークス Tobin J. Marks

  8. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky

  9. 新海征治 Seiji Shinkai

  10. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バーチ還元 Birch Reduction
  2. タンパク質の構造ゆらぎに注目することでタンパク質と薬の結合親和性を評価する新手法
  3. 超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化
  4. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  5. Chem-Station9周年へ
  6. ケミストリ・ソングス【Part1】
  7. 「ハーバー・ボッシュ法を超えるアンモニア合成法への挑戦」を聴講してみた

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP