[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース材料化学

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材料化学者である。カリフォルニア大学バークレー校化学科教授, 化学工学&生物分子工学科教授。ローレンス ·バークレー国立研究所 (La…

  2. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

    友岡 克彦(ともおか かつひこ、1960年x月xx日-)は、日本の有機化学者である。九州大学先導物質…

  3. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

    宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年9月10日-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国…

  4. 水島 公一 Koichi Mizushima

    水島 公一(みずしま こういち、1941年1月30日は日本の物理学者、材料化学者である。東芝リサーチ…

  5. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者…

  6. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

  7. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke

  8. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

  9. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

  10. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  11. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  12. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  13. 劉 龍 Ryong Ryoo

  14. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  15. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

  16. 吉野 彰 Akira Yoshino

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  2. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  3. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  4. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  5. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  6. アスパラプチン Asparaptine
  7. ケムステイブニングミキサー2019ー報告

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

PAGE TOP