[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース材料化学

  1. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

    友岡 克彦(ともおか かつひこ、1960年x月xx日-)は、日本の有機化学者である。九州大学先導物質化学研究所 教授。 (さらに…)…

  2. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

    宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

  3. 水島 公一 Koichi Mizushima

    水島 公一(みずしま こういち、1941年1月30日は日本の物理学者、材料化学者である。東芝リサーチ…

  4. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者…

  5. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

    ニコラス・ホロニアック・ジュニア(Nicholas(Nick) Holonyak, …

  6. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke

  7. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

  8. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

  9. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  10. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  11. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  12. 劉 龍 Ryong Ryoo

  13. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  14. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

  15. 吉野 彰 Akira Yoshino

  16. 春田 正毅 Masatake Haruta

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  2. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  3. Nsアミン誘導体
  4. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate
  5. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  6. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  7. ノーベル街道起点

注目情報

最新記事

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

PAGE TOP