[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース材料化学

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材料化学者である。カリフォルニア大学バークレー校化学科教授, 化学工学&生物分子工学科教授。ローレンス ·バークレー国立研究所 (La…

  2. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

    友岡 克彦(ともおか かつひこ、1960年x月xx日-)は、日本の有機化学者である。九州大学先導物質…

  3. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

    宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年9月10日-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国…

  4. 水島 公一 Koichi Mizushima

    水島 公一(みずしま こういち、1941年1月30日は日本の物理学者、材料化学者である。東芝リサーチ…

  5. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者…

  6. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

  7. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke

  8. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

  9. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

  10. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  11. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  12. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  13. 劉 龍 Ryong Ryoo

  14. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  15. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

  16. 吉野 彰 Akira Yoshino

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フローリアクターでペプチド連結法を革新する
  2. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  3. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました
  4. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  5. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  6. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【終了】
  7. 危険!DDT入りの蚊取り線香

注目情報

最新記事

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

PAGE TOP