[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第三回 ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」を開催します!

[スポンサーリンク]

動画を編集し公開しました(6月9日)。講演動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いいたします)。

先週に引き続き自宅待機をされている方が多いと思います.ASAPも教科書も読み終わってしまったケムステ読者の皆さんは遊びにも旅行にもいけずフラストレーションが溜まっているでしょう.

第二回もまだ終わっていないですが、ケムステVシンポ,続けて第三回を開催します!第三のテーマは海外で経験を積んだ新進気鋭の若手特集です.

第二回を企画中の段階から並行して準備が進められ,今回もスピーカーの皆様からはすぐさま快諾をいただきました.これほどのスピード感を以ってすると企画側としてはこれからのシンポジウムのあり方を考えさせられますね.

また今回も講演会後の座談会を企画しております.海外での研究の様子に興味がある学生•PDの方はこの機会に進路相談をしてみてはいかがでしょう?

【2020/5/27追記】本シンポジウムは盛況のうちに終了いたしました(参加登録者1056名)。開催報告はこちら

実施概要

第三回ケムステVシンポジウム
「若手化学者、海外経験を語る」

日時:2020年5月23日(土)午前10:00〜
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)、2週間程度の限定公開は予定していますので、申し込みさえしていればリアルタイムでなくても視聴可能です。)
定員:先着 4000名(途中参加・途中退出自由)
言語:日本語
主催:Chem-Station
協賛:東京化成工業株式会社
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #海外若手

タイムテーブルの目安:
10:00 – 開会のあいさつ
10:05 – イントロダクションと講師の方々の紹介
10:10 – 講演1
10:40 – 講演2
11:10 – 講演3
11:40 – 休憩
11:45 – パネルディスカッション
12:15 – 閉会のあいさつ、解散

*この後12:15 – 13:15で、希望する学生・PDの方に対しては、人数限定で講演者の皆様との座談会のイベントも用意しています。ConnPass上で別イベントとしてページを作っていますので、抽選希望者は別途こちらから応募してください。

講演者(敬称略):

【講演1】

菊池 智佳 さん(Scripps Research Paulson研 院生)
「(Chemical) Glycobiology 博士課程留学」

【講演2】

辻 信弥 先生(北海道大学・ICReDD Co-PI (リストグループ))
「ドイツで博士号を取得してみた」

【講演3】

嘉部 量太 先生(OIST・有機光エレクトロニクスユニット 准教授)
「国内留学(OIST)という選択肢」

[形式等、留意事項]

・前回と同様,講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.

・質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,ケムステスタッフがモデレータとして講演者に講演後に伝えていく形で執り行っていきます.

今回のテーマは「海外」です.グローバル化がしきりに騒がれる現代ですが,その実態を知る機会はなかなかありません.研究する国は違えどケムステ読者皆化学者,普段会えない場所にいる化学者と繋がれるのはオンラインならでは醍醐味です.今回,現地滞在中の大学院生と海外から日本へ帰国された日本人PIの3名がそれぞれ違った視点で現地での研究と体験を話してくださいます.また,第三回は講演の後にパネルディスカッションの時間を設けます.講演内容に対する質問ももちろん,それぞれの国の研究スタイル,暮らし,予算事情,進路相談など広く質問を受け付けてくださいます.海外での研究の様子に興味がある方にとっては、貴重な生の情報が聞ける機会です.

本シンポジウムで講演していただけることになった三方は過ごした(お住まいの)国がアメリカ,ドイツとどちらも化学のフロンティアを走る大国です.国や地域によってどのような違いがあるのか?多角的な話が聞けることが期待できます.

講演者を交えた座談会イベントもパネルディスカッション後に用意してあります.講演会は誰でも参加できますが、座談会イベントは人数の都合上「学生・PD限定」とさせて頂きます.海外での研究の様子に興味がある人,進路相談がしたい人,何となく講演者と話してみたい人,みんなでいろいろ話しましょう.参加希望者は、講演会とは別途参加申し込みをお願いします.

時差問題を乗り越えて快く講演に応じてくださった講演者の皆様に感謝です.皆さんもお誘い合わせの上,参加・聴講のほどよろしくお願いいたします!

参加登録はこちら

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

  • 弊社では,アメリカ・ヨーロッパ・中国・インドに拠点を持って,世界に試薬を販売しています。
    日本国外でTCI製品をご購入されたい際は,弊社の各拠点にご連絡ください。 https://bit.ly/2Z6OVTR
    中国・インドを除くアジア・パシフィック地域におけるご購入の場合は,弊社代理店をご紹介しています。 https://bit.ly/2X1ZXHq

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

今回の講演者の関連リンク

菊池智佳
辻 信弥
嘉部 量太

関連記事

  1. 小スケール反応での注意点 失敗しないための処方箋
  2. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  3. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支…
  4. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  5. ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える
  6. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  7. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法
  8. 2016年ケムステ人気記事ランキング

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モルヒネ morphine
  2. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  3. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  4. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  5. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  6. サリドマイド、がん治療薬に
  7. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  8. 液クロ虎の巻シリーズ
  9. NeoCube 「ネオキューブ」
  10. 研究室の大掃除マニュアル

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP