[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

    ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者である。南フロリダ大学 准教授。 (さらに…)…

  2. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

    布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

  3. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

    トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

  4. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

    デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

  5. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  6. エリック・メガース Eric Meggers

  7. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  8. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  9. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  10. 井上 将行 Masayuki Inoue

  11. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  12. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

  13. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

  14. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  2. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  3. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  4. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  5. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムクロリド:1,3-Bis(2,4,6-trimethylphenyl)imidazolinium Chloride
  6. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

PAGE TOP