[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

    サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ウィスコンシン大学マディソン校 教授。 (さらに…)…

  2. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

    セス・B・ハーゾン(Seth. B. Herzon、1979年7月26日–)は米国の有機化学者である…

  3. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

    パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリ…

  4. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者で…

  5. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

    丁奎岭(Kui-Ling Ding、1966年3月15日–)は中国の有機化学者である。中国科学院上海…

  6. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

  7. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

  8. リロイ・フッド Leroy E. Hood

  9. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

  10. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

  11. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

  12. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  13. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  14. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  15. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  16. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  2. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  3. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  4. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  5. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ
  6. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  7. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP