[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

    第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)先生にお願いしました。増尾研究室は、分子材料とナノ材料を融合した光化学材料の研究を強力に推進されており、注目を集めている研究室です。…

  2. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

  3. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  4. リロイ・フッド Leroy E. Hood

    リロイ・フッド (Leroy E. Hood; 1938年10月10日-)は、アメリカの生物学者であ…

  5. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  6. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

  7. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

  8. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  9. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  10. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  11. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  12. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  13. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  14. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  15. ジョージ・スミス George P Smith

  16. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 合同資源上瀑工場
  2. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  3. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamivir)
  4. 大村 智 Satoshi Omura
  5. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」
  6. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  7. 岸義人先生来学

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP