[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア大学バークレー校准教授。経歴2004 カリフォルニア大学バークレー校卒業2009 スクリプス研究所 博士…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. リロイ・フッド Leroy E. Hood

    リロイ・フッド (Leroy E. Hood; 1938年10月10日-)は、アメリカの生物学者であ…

  4. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  5. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  6. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

  7. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  8. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  9. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  10. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  11. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  12. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  13. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  14. ジョージ・スミス George P Smith

  15. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  16. クリストフ・レーダー Christoph Rader

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  2. 無限の可能性を秘めたポリマー
  3. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  4. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム
  5. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  6. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  7. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP