[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. 金城 怜 Rei Kinjo

    金城 怜(きんじょう れい、1979年11月27日–)は日本の有機化学者である。シンガポール南洋工科大学准教授。経歴2002 筑波大学 卒業2005 筑波大学 修士号取得 (関口章 教授)2005–2007 日本学術振興会特…

  2. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

    エイモス・B・スミス III(Amos. B. Smith III、1944年8月26日–)は米国の…

  3. Junfeng Zhao

    Junfeng Zhao(19xx年xx月x日-)は、中国の有機化学者である。江西師範大学 教授。(…

  4. Wen-Jing Xiao

    Wen-Jing Xiao(19xx年xx月x日-)は、中国の有機化学者である。華中師範大学 教授。…

  5. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

  6. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  7. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  8. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

  9. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

  10. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

  11. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  12. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  13. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  14. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  15. ヨアヒム・フランク Joachim Frank

  16. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本化学会第85回春季年会
  2. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  3. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  4. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  5. 役に立たない「アートとしての科学」
  6. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  7. ビール好きならこの論文を読もう!

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

PAGE TOP