[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 1985年xx月xx日-)は、ドイツの化学者である。キール大学教授。経歴2010 Albert-Ludwigs Universität,…

  2. 平井 剛 Go Hirai

    平井剛は、ケミカルバイオロジー応用を志向した擬天然物創製を研究している、日本の有機合成化学者である。…

  3. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki

    真鍋良幸 (Manabe Yoshiyuki)は日本の有機化学者。大阪大学大学院理学研究科 助教。第…

  4. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

    眞鍋史乃 (まなべしの)は日本の有機化学者。星薬科大学薬学部/東北大学大学院薬学研究科医薬品開発研究…

  5. 河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

    河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

  6. 吉田 優 Suguru Yoshida

  7. 小山 靖人 Yasuhito Koyama

  8. 星本 陽一 Yoichi Hoshimoto

  9. 諸藤 達也 Tatsuya Morofuji

  10. 南 安規 Yasunori Minami

  11. 小林 洋一 Yoichi Kobayashi

  12. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

  13. 谷口 透 Tohru Taniguchi

  14. 越野 広雪 Hiroyuki Koshino

  15. bassler

    ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

  16. E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  2. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大
  3. 高分子鎖を簡単に垂直に立てる -表面偏析と自己組織化による高分子ブラシ調製法-
  4. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する
  5. 危険物データベース:第3類(自然発火性物質および禁水性物質)
  6. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  7. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

注目情報

最新記事

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

PAGE TOP