[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村智記念研究所 所長•教授。北里大学大学院感染制御科学府、学府長(兼務)専門は天然物化学、天然有機合成化学、医薬品化学。経歴1982年…

  2. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki

    佐治木弘尚(さじきひろなお)は、日本の有機化学者である。岐阜薬科大学 教授(薬品化学研究室)。専門は…

  3. ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

    Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化…

  4. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-…

  5. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  6. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

  7. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama

  8. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  9. 谷野 圭持 Keiji Tanino

  10. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

  11. 高橋 雅英 Takahashi Masahide

  12. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi

  13. 中西 和樹 Nakanishi Kazuki

  14. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

  15. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

  16. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ2014総括
  2. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  3. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  4. ミノキシジル /Minoxidil
  5. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  6. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  7. #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

PAGE TOP