[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. 硤合 憲三 Kenso Soai

    硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉教授。 (さらに…)…

  2. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  3. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  4. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

    チャオ=ジュン・リー (Chao-Jun Li、19xx年xx月xx日-)は、カナダの有機化学者であ…

  5. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

    マーティン・オストライヒ (Martin Oestreich, 1971年10月19日-) はドイツ…

  6. チン・リン Qing Lin

  7. アダム・コーエン Adam E. Cohen

  8. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  9. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  10. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  11. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  12. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  13. エリック・メガース Eric Meggers

  14. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  15. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  16. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  2. 八島栄次 Eiji Yashima
  3. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  4. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent
  5. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  6. ムスカリン muscarine
  7. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用

注目情報

最新記事

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

PAGE TOP