[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授

[スポンサーリンク]

第14回はレディング大学化学科のジョー・スウィーニー教授です。スウィーニー教授は不斉反応と目的化合物の合成を指向した新たなプロセスのデザインとその遂行、そしてケミカルバイオロジー分野の研究をされています。究極の目標は、「世の中を良くすること」。
研究者たるモノ、人前で語れる己の哲学を持っている、という人は珍しく有りませんが(?)スウィーニー教授もその一人で、関心がお有りのありとあらゆることについてその哲学や信念を交え熱く語っておられます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

特にこれと決めるのは難しいですが、秩序性、幾何学性、複雑性、対称性、そういった直感的な魅力ですね。化学だけがこれら全てを扱うことができ、さらにそうして学んだコトからそれまで存在し得なかった新たな分子を作ることができる。化学とは「合成」のサイエンス、あらゆる領域に於いて最も創造性あふれる学問だと思います。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

リバプールFCの攻撃的MFでキャプテン。ハイトン・ボーイ(※英国マージーサイド州リバプール近郊の住宅街が”Huyton”)の一員になって、スティーブン・ジェラード(※同チームの有名プレイヤー)の仕事は私のモノ。…あ、現実的な仕事の話ですね?それならおそらく作家です。ほとんどの科学者の人たちはモノを書くのが好きなのでは?いくつか書き起こしてベストな文章を選ぶ、贅肉を削ぎ落とす、荘厳だが簡潔で、正確なフレーズにまとめ上げる。そんな作業だけで私は充分に満足です(これ以上のコトと言ったら、リバプールの試合を見ることくらいなものです)。そういうわけで、執筆作業は現実的な理想の一つです。フィクションもノンフィクションも同じくらい扱いたいですね。フィクションなら戯曲や短編長編含めた物語、ノンフィクションならサッカーモノ、政治や歴史、その他のサイエンスモノ全て。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

人が世の中をより良くしようなどと話す時、結局のところ(民主主義)政治のほうが科学全般よりも大きな影響があるんですよね。もちろん化学もこれまでに幾千もの発見をし、「普通の」人々に貢献してきたわけですが。過去200年と同じペースで発見や発明を続けていけるとしたら、創造した新たな分子を使って人々の困難を取り除く(化学療法など)のみならず、社会に新たな快適さや余暇の楽しみ方(iPod、携帯電話、PSPなどのように)を提供していけるでしょう。発見や発明をし続けて、そしてそれら新たなモノを有意義に使い続けていけたら、それはつまり我々がしていることの意味や価値を社会に伝え続けることなのですが、人々の人生は良いものになっていくはずです。心配は要らないと思います。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ジョージ・オーウェルです。理由が必要なら、もっと聞き出してくださいよ。OK,そこまで言うのなら
(a)当時の同世代では、彼こそが最高の作家であった

(b)彼が書いたことは遅かれ早かれ全て真実であった(※「animal farm」や「1984」など、登場人物が動物であったり未来を書いたフィクションの体をしていながら、現実に起きた/起こりうる社会の影を痛烈に批判しているコトを指す)

(c)彼は勇敢な人物で、遠い地で起きている紛争に彼自身の信念の為に参戦した(※スペイン内戦においてフランコ軍に対しマルクス主義者統一労働党の伍長として参戦。)

彼は博識で、そして真実の英雄です。
もしジョージ・オーウェルが歴史上の人物というには最近過ぎるというのであれば、アイザック・ニュートンです。だってニュートンですよ。まぁ光学の勉強のためにと言って自分の眼窩にピンを突き刺すような人物なら誰でも構いませんが。もしアイザックがアルケミー委員会で忙しければ、Shankly, Paisley, Busby, Stein…..(※順にビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリー、マット・バズビー、ジョック・スタイン。皆、過去のリバプールFCの英雄的監督あるいは選手。)

 

 George Orwell

George Orwell

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

ええと、7年くらい前です。不斉アザ・ダルツェンス反応でした。我々がキラルなアジリジン、とても有用な化合物ですよ、を合成するための手法として開発してきたものです。当時を思い出してみると、研究グループのAndy McLarenという男に彼の反応の収率について文句を言ったところ、だったら私が自分でやってみろと挑戦を受けたのでした。グループのメンバー全員がハゲワシのように私の反応を仕込む様子を見つめ、そのやり方にあれこれとヤジを飛ばしていました。それで結局、私は彼よりも高収率を得たのですよ、1%だけね、ハッハー!

on-ether11

 

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

サイエンスとは本質的に社会性のある人間の領分です。個人よりも共同体を優先するが、システムはその最も弱い結合部が結びついている間しか機能しない。ニュートンの言う“shoulders of giants”もまんざらではありません(※Dwarfs standing on the shoulders of giants:自分たちは巨人(=過去の偉人達)の肩の上に乗っている小人に過ぎない、先人たちの偉大なる業績の上に自分たちの研究が存在している、という意味)。加えて、私の経験からどなたかのお役に立てれば、人生を豊かにするために何をするべきかを決める手段となる信仰、それは知識と学習。というわけでマニック・ストリート・プリーチャーズのCDを選びます。“Libraries gave us Power; then Work came and made us Free(※A Design For Life、の歌い出し詞)”、たった一行の歌詞ですがとても気に入っています。11個の単語が「サイエンスの真なるエトス(精神)」と「人生のパーフェクトデザイン」を見事に内包しています。ただこの11個の単語をタイピングしているだけで首の毛が逆立ち、目には涙が溢れてきます。ところでベストな一冊を選ぶのは無理です。オーウェルをディナーゲストに選んだものの、今思い浮かんでいる一冊はトルストイの「アンナ・カレーニナ」です。

原文:Reactions – Joe Sweeney

※このインタビューは2007年5月25日に公開されたものです。
せきとも

せきとも

投稿者の記事一覧

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  2. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len…
  3. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉…
  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Ga…
  5. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…
  6. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授
  7. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中…
  8. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  2. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  3. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  4. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~
  5. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai
  6. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解
  7. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  8. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州
  9. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  10. カリオフィレン /caryophyllene

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP