[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

  1. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

    エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。 ジョージア大学准教授。(引用:University of Georgia) (さらに…)…

  2. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、1970年5月23日-)は、カナダの有機…

  3. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

    フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

  4. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

    マシュー・P・ショアーズ(Matthew P. Shores、19xx年x月x日-)は、アメリカの無…

  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  6. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ

  7. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

  8. ザック・ボール Zachary T. Ball

  9. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  10. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

  11. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  12. フランク・グローリアス Frank Glorius

  13. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  14. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  15. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  16. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  2. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  3. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion
  4. 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報
  5. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  6. 蒲郡市生命の海科学館で化学しようよ
  7. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal

注目情報

最新記事

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

PAGE TOP