[スポンサーリンク]


ケムステニュース安全・規制

  1. 米のヒ素を除きつつ最大限に栄養を維持する炊き方が解明

    米、特に玄米には 人体に有害なヒ素が含まれており、農林水産省は「バランスのよい食生活を送っていれば玄米を食べても問題無い」としていますが、ヒ素の含有量を減らすために水にしばらく漬けるいう手法がとられることもあります。新たにイギリスの研究チー…

  2. 石油・化学プラントのスマート保安推進に向けて官民アクションプランを策定

    経済産業省は、7月10日(金曜日)に「スマート保安官民協議会 高圧ガス保安部会」を開催し、スマート保…

  3. AIを搭載した化学物質毒性評価サービス「Chemical Analyzer」の販売を開始

    インフォコム株式会社は、欧米の化学、製薬企業や研究機関にITサービスを提供するViridisChem…

  4. 京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

    京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

  5. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

    厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

  6. マスクの効果を実験的に証明した動画がYoutubeに公開

  7. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施

  8. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ

  9. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告

  10. 中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布

  11. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用

  12. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

  13. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ大きく前進

  14. 相次ぐ”業務用洗剤”による事故

  15. 毒劇アップデート

  16. 死海付近で臭素が漏洩

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トランス効果 Trans Effect
  2. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(
  3. もう入れたよね?薬学会年会アプリ
  4. 製薬会社のテレビCMがステキです
  5. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  6. ケムステの記事が3650記事に到達!
  7. 2014年ケムステ記事ランキング

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP