[スポンサーリンク]


アミド

  1. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬を開発し, Nature 誌に報告しました。 (さらに…)…

  2. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

    アンモニアを窒素源として、ベンジルアルコールを用いた脱水素カップリングによる、アミドの合成に成功した…

  3. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏…

  4. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation Catalyzed by Boronic Acids

    概要カルボン酸とアミンからアミドを形成する手法は、さまざまな応用が期待できる最重要反応の一つであ…

  5. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

    富山県立大学の小山靖人らは,Ugi 反応 (多成分反応) を基盤とした重合反応による交互ペプチドの合…

  6. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  7. MSH試薬 MSH reagent

  8. エドマン分解 Edman Degradation

  9. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  10. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemical Ligation (NCL)

  11. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

  12. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2020年5月号:特集号 ニューモダリティ;有機合成化学の新しい可能性
  2. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  3. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  4. 花粉症対策の基礎知識
  5. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  6. 福山透 Tohru Fukuyama
  7. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

注目情報

最新記事

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

PAGE TOP