[スポンサーリンク]

E

エドマン分解 Edman Degradation

 

概要

ペプチド一次配列決定法の一種。フェニルイソチオシアナートとの反応でN末端1残基だけをフェニルチオヒダントインの形で切り出し、一つずつアミノ酸配列を決定する。

サンプルは極微量で良いが、多くの場合、適用限界は30-50残基程度である。またN末端が化学修飾されたものや、反応点が分子内部に埋もれたペプチドには適用できない。予め2次・3次構造を破壊しておく必要があるのでジスルフィド結合の位置などは決定できない。

 

基本文献

・Edman, P.; Hogfeldt, E.; Sillen, L. G.; Kinell, P.-O. Acta Chem. Scand. 1950, 4, 283. doi:10.3891/acta.chem.scand.04-0283
・Edman P.; Begg G. Eur. J. Biochem. 1967, 1, 80.
・Niall, H. D. Meth. Enzymol.1973, 27, 942. doi:10.1016/S0076-6879(73)27039-8

 

反応機構

Edman_degra_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

関連動画

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylalumin…
  2. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  3. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  4. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  5. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  7. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  8. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  2. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  3. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  4. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  5. エレクトロクロミズム Electrochromism
  6. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  7. アメリカ大学院留学:TAの仕事
  8. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound
  9. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売
  10. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP