[スポンサーリンク]

E

エドマン分解 Edman Degradation

 

概要

ペプチド一次配列決定法の一種。フェニルイソチオシアナートとの反応でN末端1残基だけをフェニルチオヒダントインの形で切り出し、一つずつアミノ酸配列を決定する。

サンプルは極微量で良いが、多くの場合、適用限界は30-50残基程度である。またN末端が化学修飾されたものや、反応点が分子内部に埋もれたペプチドには適用できない。予め2次・3次構造を破壊しておく必要があるのでジスルフィド結合の位置などは決定できない。

 

基本文献

・Edman, P.; Hogfeldt, E.; Sillen, L. G.; Kinell, P.-O. Acta Chem. Scand. 1950, 4, 283. doi:10.3891/acta.chem.scand.04-0283
・Edman P.; Begg G. Eur. J. Biochem. 1967, 1, 80.
・Niall, H. D. Meth. Enzymol.1973, 27, 942. doi:10.1016/S0076-6879(73)27039-8

 

反応機構

Edman_degra_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

関連動画

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  2. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  3. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  4. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  5. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  6. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  7. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  8. 永田試薬 Nagata Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling
  2. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  3. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation
  4. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  5. デイヴィット・ベイカー David Baker
  6. 2009年10大化学ニュース
  7. テトラサイクリン類の全合成
  8. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  9. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  10. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP