[スポンサーリンク]

キャンペーン

付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー

[スポンサーリンク]

 

さてさてまだまだ続きます、「日本化学会年会はもちろんのこと加えて付設展示場へ行こう!キャンペーン!」、ワイリージャパンシグマアルドリッチジャパンに引き続き、第三弾はSiyaku.com、安いよろしいでおなじみの試薬会社和光純薬!いつも大変お世話になっております。

そろそろ、3回目なのでなんのことやらよくわからない方にご説明。この企画は日本化学会の付設展示会に出展する各企業様に勝手にお願いしまして、ケムステ読者様だけに特典を付けてもらいましょうという、なんという強引な企画。ご協力いただいている企業様にこの場を借りて御礼申し上げます。では、早速!

【追記】東北地方太平洋沖地震に伴う、日本化学会年会の中止の為、各種キャンペーンも中止となりました。被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

和光純薬付設展示会情報

labolockII.png

Labo Lock

 まずは付設展示会の情報から。

「和光純薬では、第91回日本化学会年会付設展示会場にて、鈴木-宮浦カップリング反応関連試薬(有機環状トリオールボレート、ボロン酸1,8-ジアミノナフタレン保護試薬)を中心に選択的還元触媒や超脱水溶媒等をご紹介します。 また、コーニング社製デジタルホットプレートスターラーや、薬品管理に安心な電子薬品庫/電子鍵ボックス管理システム新製品「Labo Lock II」のデモ機を展示します。 他にも進化した試薬検索サイトSiyaku.comの化学構造式検索機能のご紹介も実施の予定です。 是非、和光純薬の展示ブースにご来場下さい。

B(dan).png

ボロン酸1,8-ジアミノナフタレン保護試薬B(dan)といえば、京都大学、杉野目道紀先生。個人的に好きなので少し宣伝。試薬は残念ながらつかったことはありませんが…。

さて、本番のケムステ読者様への特典はこちら!

cross-coupling_book.pngのサムネール画像
以前ケムステでも紹介しました(元記事)書籍、「クロスカップリング反応 基礎と産業応用」を10名様にプレゼント!!
他にもNMRチューブ等が 当たるくじに参加できます。(プレゼントがなくなり次第終了)

そのくじの参加方法は….そろそろケムステフリークの方はご察しでしょう。

「ケムステを見た」

この合い言葉をいってくじに参加!
まだまだ続きます!定期的にチェックしてくださいね!

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  2. 暑いほどエコな太陽熱冷房
  3. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  4. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  5. 還元された酸化グラフェン(その1)
  6. (+)-ゴニオトキシンの全合成
  7. 化学のうた
  8. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する
  2. プラトー反応 Prato Reaction
  3. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  4. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  5. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  6. 日本にノーベル賞が来る理由
  7. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!
  8. 大分の高校生が特許を取得!
  9. マツタケオール mushroom alcohol
  10. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP