[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

    MITの化学工学 Ralph Landau教授のT. Alan Hatton氏らは、空気中から二酸化炭素を除去する新しい方法を開発した。およそ400ppmという低濃度にも対応できるもので、研究成果は2019年10月1日、『Energy an…

  2. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have develo…

  3. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  4. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  5. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

    第147回のスポットライトリサーチは、岡山大学大学院環境生命科学研究科高口研究室の村上 範武 (むら…

  6. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

  7. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  8. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  9. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  10. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  11. エチレンをつかまえて

  12. 生きたカタツムリで発電

  13. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  14. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

  16. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 山本明夫 Akio Yamamoto
  2. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  3. GlycoProfile アジド糖
  4. キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~
  5. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  6. Corey系譜β版
  7. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate

注目情報

最新記事

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

PAGE TOP