[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

    MITの化学工学 Ralph Landau教授のT. Alan Hatton氏らは、空気中から二酸化炭素を除去する新しい方法を開発した。およそ400ppmという低濃度にも対応できるもので、研究成果は2019年10月1日、『Energy an…

  2. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have develo…

  3. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  4. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  5. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

    第147回のスポットライトリサーチは、岡山大学大学院環境生命科学研究科高口研究室の村上 範武 (むら…

  6. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

  7. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  8. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  9. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  10. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  11. エチレンをつかまえて

  12. 生きたカタツムリで発電

  13. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  14. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

  16. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  2. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー
  3. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  4. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  5. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  6. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  7. 理系のための口頭発表術

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

PAGE TOP