[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have developed a device which converts heat into light by squeezing it into a sma…

  2. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  3. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  4. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

    第147回のスポットライトリサーチは、岡山大学大学院環境生命科学研究科高口研究室の村上 範武 (むら…

  5. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  6. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  7. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  8. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  9. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  10. エチレンをつかまえて

  11. 生きたカタツムリで発電

  12. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  13. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  14. 遠藤守信 Morinobu Endo

  15. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

  16. 飯島澄男 Sumio Iijima

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Reaxys Prize 2011発表!
  2. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  3. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  4. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  5. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  6. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  7. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に

注目情報

最新記事

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

Scientists at Rice University in Texas have develo…

PAGE TOP