[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:①単層カーボンナノチューブ

    糖化学ノックイン領域では膜動態を標的とした研究を志向しているため、バイオイメージングについての理解も深めておくことが必要になります。今回はバイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を取…

  2. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

    先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

  3. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

    MITの化学工学 Ralph Landau教授のT. Alan Hatton氏らは、空気中から二酸化…

  4. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have develo…

  5. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  6. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  7. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

  8. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

  9. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  10. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  11. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  12. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  13. エチレンをつかまえて

  14. 生きたカタツムリで発電

  15. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  16. 顕微鏡で化学反応を見る!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エステルを使った新しいカップリング反応
  2. ヘリウム (helium; He)
  3. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  4. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)
  5. 高分子の合成(上)(下)
  6. ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】
  7. 工業生産モデルとなるフロー光オン・デマンド合成システムの開発に成功!:クロロホルムを”C1原料”として化学品を連続合成

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

PAGE TOP