[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have developed a device which converts heat into light by squeezing it into a sma…

  2. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  3. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  4. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

    第147回のスポットライトリサーチは、岡山大学大学院環境生命科学研究科高口研究室の村上 範武 (むら…

  5. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  6. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  7. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  8. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  9. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  10. エチレンをつかまえて

  11. 生きたカタツムリで発電

  12. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  13. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  14. 遠藤守信 Morinobu Endo

  15. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

  16. 飯島澄男 Sumio Iijima

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  2. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  3. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  4. ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表
  5. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  6. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  7. Organic Synthesis Workbook

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP