[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:①単層カーボンナノチューブ

    糖化学ノックイン領域では膜動態を標的とした研究を志向しているため、バイオイメージングについての理解も深めておくことが必要になります。今回はバイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を取…

  2. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

    先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

  3. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

    MITの化学工学 Ralph Landau教授のT. Alan Hatton氏らは、空気中から二酸化…

  4. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have develo…

  5. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  6. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  7. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

  8. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

  9. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  10. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  11. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  12. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  13. エチレンをつかまえて

  14. 生きたカタツムリで発電

  15. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  16. 顕微鏡で化学反応を見る!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フェノールのC–O結合をぶった切る
  2. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  3. 特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  4. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能
  5. 化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~
  6. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  7. (-)-MTPA-Cl

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

PAGE TOP