[スポンサーリンク]


カーボンナノチューブ

  1. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

    MITの化学工学 Ralph Landau教授のT. Alan Hatton氏らは、空気中から二酸化炭素を除去する新しい方法を開発した。およそ400ppmという低濃度にも対応できるもので、研究成果は2019年10月1日、『Energy an…

  2. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have develo…

  3. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

    第185回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 博士前期課程1年の永田 雅貴 (…

  4. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  5. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

    第147回のスポットライトリサーチは、岡山大学大学院環境生命科学研究科高口研究室の村上 範武 (むら…

  6. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

  7. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  8. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

  9. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  10. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

  11. エチレンをつかまえて

  12. 生きたカタツムリで発電

  13. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

  14. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

  16. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学とウェブのフュージョン
  2. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  3. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ
  4. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  5. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling
  6. CYP総合データベース: SuperCYP
  7. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(1)

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

PAGE TOP