[スポンサーリンク]

archives

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

[スポンサーリンク]

お申込み・詳細はこちら

日程

2020年1月9日(木)・10日(金)

定員

20名  先着順にて承ります。

開催場所

かながわサイエンスパーク内 講義室  (川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車
シャトルバス 5 分
>> Mapはこちら

◆ JR 新横浜駅より東急バス(有料)直行「溝の口駅」行き30 分
「高津中学校入口」下車徒歩3 分
>> アクセスはこちら

対象者

企業、研究機関にご所属で、
・接着、接合の技術の設計、開発に携わる方
・高分子材料、複合材料、繊維等の設計、開発に携わる方
・プラスチック成形加工技術等に携わる方
・めっき、表面改質、洗浄など、「表面処理」技術に携わる方
エレクトロニクス、建材関係、医用材料などのメーカー、ユーザーいずれの方も受講可能です。

受講料

全日程
A・一般 44,000円
KISTECパートナー及び神奈川県関係割引 B・KISTECパートナー団体会員
C・神奈川県内中小企業*
35,200円
D・C以外の神奈川県内企業 39,600円
E・神奈川県内在住の個人の方

神奈川県内中小企業とは・・・
本社または事業所が神奈川県内にあり、資本金が3億円以下または企業全体の従業員数が300名以下の企業

●カリキュラム編成・講師からのメッセージ●

製品の軽量化、安全性・信頼性向上への要望の高まりとともに、物とモノをくっつける手段、すなわち接着や接合に関わるさまざまな技術の開発が進んでいます。過酷な環境下での接着・接合強度のさらなる向上、環境への負荷低減、これまで実現の難しいとされてきた異種材料どうしを張り合わせること、さらに
「はがす」プロセスや二次的な機能まで付与した接着剤の開発が求められるようになってきました。また、半導体関連分野や超微量分析用センシングデバイス、医療用途などでは、接着剤の使用そのものを極力抑えたい状況があります。
本講座では、こうした課題の克服に向けて、私たちが戦略的イノベーション創造プログラム (SIP)内閣府/革新的設計生産技術「分子接合技術による革新的ものづくり製造技術の研究開発」において研究開発に取り組んできた「分子接合」の技術について紹介します。ものが「くっつく」ことに関する基礎概念に始まり、新しい理論に基づく分子接合の基礎原理、応用可能性、接合強度の評価法も含めて講義と実演により解説いたします。また、従来法との比較を含め、分子接合のメリットと今後の課題などにも触れていきます。
接合表面を高精度に制御、設計することにより、介在物がほぼ存在しない接合を、簡便で廉価に実現することができる本技術は、ものづくりのプロセスに大きな変革をもたらすでしょう。特に、自動車、ヘルスケアなどの産業分野とも今後さらに密接に関わるIoTの実装を促進するキーテクノロジーとして、多くの方々に知っていただきたいと考えています。みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

 

カリキュラム日程/講義内容

1月9日(木)
10:30-12:00
90min.
<いま、どんなことが求められているか?接着・接合技術の課題>
・新しい接着技術の開発と接着の高機能化に向けた課題
・「くっつけること」+「別の機能」 、「二次機能」
・異種材料の接合、接着と「くっつく」原理―何が難しいのか?
・接着と生体親和性-医療分野の課題
13:00-14:30
90min.
<そもそもの理論-接着・接合の基礎>
・くっつく/はがれるの「物理」と「化学」
・接着面、粘着面で、どのような力がものをくっつけているのか?
・「くっつく」現象のいろいろ―くっつき方の機構の違い/その使い分け、制御
・「くっつく」とバーターするもの
・界面(生地)に及ぼす影響―応力、表面
14:50-16:20
90min.
<★分子接合技術1>
・なぜ「分子接合技術」か?
接合原理ーどのようなしくみでくっつけるのか/その新しさ
特徴/機能/利点ーほかの技術との違い、使い分け、制御
接合の能力ー接合強度、はく離、再現性?
・適用可能な技術領域、応用分野
16:30-17:00
30min.
質疑応答
1月10日(金)
10:00-12:00
120min.
<★分子接合技術2>
●実演・・・実際にくっつける方法
・機械加工、射出成形などとの関係
・耐熱性、耐腐食性、嫌気性の問題(熱、水、酸素)
・めっきとの組み合わせ事例
13:00-14:30
90min.
<★分子接合技術3>
接合メカニズムの評価法-AFM-nano IR分析による評価法と解析事例
塗膜のはく離強度評価法-SAICAS®による評価法と解析事例
安全性評価
14:50-16:20
90min.
<機能と設計、劣化>
・分子接合の長所、短所-接着剤を用いた接着との比較から
―どんな力の作用に強いか/弱いか?
―どんな大きさのものに適しているか?・・・巨大なものと超微小領域
・接合、接着における「劣化」とはなにか/分子接合の場合
16:30-17:00
30min.
質疑応答

お申込み・詳細はこちら

パンフレットはこちら (PDF 726 KB)

後援 ・ 協賛 ( 一部申請中 )

(公社)高分子学会、(公社)応用物理学会、(公社)精密工学会、(一社)日本合成樹脂技術協会、 (一社)プラスチック成形加工学会、
(一社)日本接着学会、(一社)日本複合材料学会、(一社)日本溶接協会、 (一社)軽金属学会、 (公社)日本分析化学会、
(一社)日本ゴム協会、(公社)日本セラミックス協会、 日本金属学会、(一社)繊維学会、 (公社)電気化学会、 (一社)電気学会、
(一社)情報処理学会、(一社)電子情報通信学会、 (一社)エレクトロニクス実装学会、バイオインダストリー協会、
化学とマイクロ・ナノシステム学会、 (一社)表面技術協会、 日本バイオマテリアル学会、  川崎商工会議所、 (株)ケイエスピー

主催

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

人材育成部 教育研修課 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
E-mail:ed@newkast.or.jp
*本記事はKISTECが主催する教育講座の会告です。

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  2. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する
  3. 可視光で働く新しい光触媒を創出 -常識を覆す複合アニオンの新材料…
  4. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  5. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  6. 固体なのに動くシャトリング分子
  7. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  8. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks
  2. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  3. 化学研究ライフハック: Evernoteで論文PDFを一元管理!
  4. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]
  5. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  6. がんをスナイプするフェロセン誘導体
  7. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  8. リンダウ会議に行ってきた④
  9. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  10. ワートン反応 Wharton Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP