[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さんは、この3月に山口大学大学院理工学研究科で博士を取得され、現在は化学系企業に就職されています。中村さんの所属されていた西形研究室では…

  2. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  3. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

  4. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  5. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

    2016年、プリンストン大学・Abigail G. Doyleらは、可視光レドックス触媒とニッケル触…

  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  7. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  8. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  9. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  10. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  11. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  12. マーティン・バーク Martin D. Burke

  13. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

  14. 書物から学ぶ有機化学 1

  15. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

  16. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シコニン
  2. 2012年イグノーベル賞発表!
  3. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  4. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  5. スナップ試薬 SnAP Reagent
  6. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group
  7. 磁力で生体触媒反応を制御する

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP