[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特…

  3. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レド…

  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  5. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

  6. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  7. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  8. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  9. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  10. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  11. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  12. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  13. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  14. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  15. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  16. マーティン・バーク Martin D. Burke

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  2. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  3. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授
  4. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  5. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  6. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis
  7. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

注目情報

最新記事

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

PAGE TOP