[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さんは、この3月に山口大学大学院理工学研究科で博士を取得され、現在は化学系企業に就職されています。中村さんの所属されていた西形研究室では…

  2. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  3. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

  4. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  5. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

    2016年、プリンストン大学・Abigail G. Doyleらは、可視光レドックス触媒とニッケル触…

  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  7. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  8. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  9. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  10. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  11. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  12. マーティン・バーク Martin D. Burke

  13. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

  14. 書物から学ぶ有機化学 1

  15. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

  16. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 172番元素までの周期表が提案される
  2. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  3. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  4. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  5. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  6. 向山酸化剤
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP