[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特…

  3. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レド…

  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  5. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

  6. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  7. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  8. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  9. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  10. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  11. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  12. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  13. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  14. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  15. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  16. マーティン・バーク Martin D. Burke

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物データベース:第6類(酸化性液体)
  2. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  3. 原子量に捧げる詩
  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  5. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  6. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur
  7. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ

注目情報

最新記事

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

PAGE TOP