[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特…

  3. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レド…

  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  5. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

  6. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  7. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  8. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  9. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  10. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  11. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  12. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  13. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  14. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  15. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  16. マーティン・バーク Martin D. Burke

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid
  2. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  3. 一重項励起子開裂を利用した世界初の有機EL素子
  4. チアミン (thiamin)
  5. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた【2020/8/11更新】
  6. 甘草は虫歯を予防する?!
  7. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

PAGE TOP