[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒、水素原子移動(HAT)触媒の3つを組み合わせることで、アルデヒドと臭化物から直截的にケトンを合成する手法を開発した。“Direct A…

  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  3. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

    2016年、プリンストン大学・Abigail G. Doyleらは、可視光レドックス触媒とニッケル触…

  4. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

    第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

  5. ルーベン・マーティン Ruben Martin

    ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

  6. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  7. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  8. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  9. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  10. マーティン・バーク Martin D. Burke

  11. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

  12. 書物から学ぶ有機化学 1

  13. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

  14. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

  15. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

  16. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  2. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  3. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】
  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  5. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  6. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  7. 菅沢反応 Sugasawa Reaction

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

PAGE TOP