[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レドックス―ニッケル協働触媒系を用いて、ハロゲン化アリールによるシステイン側鎖修飾反応を達成した。“Scalable thioarylati…

  2. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  3. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

  4. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  5. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

  6. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  7. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  8. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  9. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  10. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  11. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  12. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  13. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  14. マーティン・バーク Martin D. Burke

  15. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

  16. 書物から学ぶ有機化学 1

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討
  2. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  3. デンドリマー / dendrimer
  4. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  5. 有機機能材料 基礎から応用まで
  6. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  7. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP