[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特…

  3. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レド…

  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  5. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

  6. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  7. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  8. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  9. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  10. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  11. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  12. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  13. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  14. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  15. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  16. マーティン・バーク Martin D. Burke

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  2. 炭素をBNに置き換えると…
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成
  5. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)
  6. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  7. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

PAGE TOP