[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特任講師にお願いしました。フッ素を含む化合物は、分子のサイズを大きく変えることなく、電子特性・物性を大幅に調節できるため、医薬・材料双…

  2. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レド…

  3. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  4. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

    第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  6. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  7. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  8. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  9. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  10. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  11. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  12. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用

  13. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  14. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  15. マーティン・バーク Martin D. Burke

  16. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  2. Whitesides’ Group: Writing a paper
  3. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  4. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  5. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  6. 高分子鎖を簡単に垂直に立てる -表面偏析と自己組織化による高分子ブラシ調製法-
  7. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

PAGE TOP