[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. リチャード・ヘック Richard F. Heck

    リチャード・F・ヘック (Richard F. Heck、1931年8月15日-2015年10月10日)は、アメリカの有機化学者である(写真:UD Messenger )。米デラウエア大学名誉教授。「有機合成におけるパラジウム触媒クロス…

  2. ジョン・スティル John K. Stille

    ジョン・ケネス・スティル(John Kenneth Stille、1930年5月8日-1989年…

  3. 熊田 誠 Makoto Kumada

    熊田 誠 (くまだ まこと、1920年1月17日 - 2007年6月28日)は、日本の有機化学者…

  4. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Reaction

    概要塩化クロム(II)を当量還元剤として用いる、アルケニルハライドまたはトリフラートとアルデヒド…

  5. グレッグ・フー Gregory C. Fu

     グレゴリー・C・フー(Gregory C. Fu、1964年6月17日(オハイオ生)-)は、アメリ…

  6. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald

  7. 鈴木 章 Akira Suzuki

  8. アレーン類の直接的クロスカップリング

  9. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

  10. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  2. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  3. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  4. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  5. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  6. 集積型金属錯体
  7. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP