[スポンサーリンク]


クロスカップリング

  1. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

    つい先日、イリノイ大学・Martin Burke教授のグループから、大変にインパクトある報告がなされました。ひとことで言うなら、「繰り返し連結法によって有機小分子を自動合成できる装置を開発した」という成果になります。有機合成…

  2. 書物から学ぶ有機化学 1

    「書物から学ぶ有機化学」と題し、何回かに分けて、様々な本とそれにまつわる有機化学の話をしてみたいと思…

  3. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

    ジン=クアン・ユー (Jin-Quan Yu、1966年1月10日-)は、アメリカ在住の化学者である…

  4. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

    鈴木章教授、根岸英一教授がノーベル賞を受賞して、既に2ヶ月が経ちました。ケムステでも特集記事を組…

  5. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

    前回までに【速報】【お祭り編】【開拓者編】として、2010年のノーベル化学賞を解…

  6. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

  7. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling

  8. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!

  9. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

  10. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  11. リチャード・ヘック Richard F. Heck

  12. ジョン・スティル John K. Stille

  13. 熊田 誠 Makoto Kumada

  14. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Reaction

  15. グレッグ・フー Gregory C. Fu

  16. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 私が思う化学史上最大の成果-1
  2. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  3. ペプチドの革新的合成
  4. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  5. タミフルの新規合成法
  6. 化学探偵Mr.キュリー7
  7. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

PAGE TOP