[スポンサーリンク]


ケイ素

  1. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

    シラ-N-ヘテロ環を含む多環式化合物の新奇構築法が見出された。遷移金属触媒を用いず多環式化合物を合成できる本手法は、複雑アルカロイドなどの生物学的等価体としての応用が期待できる。ケイ素を含むN-ヘテロ環(シラ-N-ヘテロ環)構築法医…

  2. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  3. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

     地殻で酸素についで多いケイ素。身近なところでも、ガラスや半導体など、多くのケイ素化合物製品が使われ…

  4. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定

    第38回のスポットライトリサーチは、群馬大学理工学府分子科学部門 海野・武田研修士課程修了生(現在は…

  5. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

    第26回のスポットライトリサーチは、九州大学 先導物質化学研究所(永島研究室)・野田 大輔 学術研究…

  6. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  7. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  8. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  9. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  10. シラフルオフェン (silafluofen)

  11. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

  12. 玉尾皓平 Kohei Tamao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. テトラサイクリン類の全合成
  2. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  3. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  4. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  5. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  6. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  7. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

注目情報

最新記事

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

PAGE TOP