[スポンサーリンク]


ケイ素

  1. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

    第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんにお願いしました。ケイ素-フッ素結合は自然界でもっとも強固な結合の一つであり、有機合成でもSi-F結合形成を駆動力とした変換法は多数開…

  2. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

    第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

  3. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

    シラ-N-ヘテロ環を含む多環式化合物の新奇構築法が見出された。遷移金属触媒を用いず多環式化合物を合成…

  4. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  5. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

     地殻で酸素についで多いケイ素。身近なところでも、ガラスや半導体など、多くのケイ素化合物製品が使われ…

  6. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定

  7. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

  8. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  9. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  10. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  11. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  12. シラフルオフェン (silafluofen)

  13. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

  14. 玉尾皓平 Kohei Tamao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する
  2. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  3. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  4. 光触媒の活性化機構の解明研究
  5. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  6. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  7. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

注目情報

最新記事

11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に

7月に日本で開催される国際化学オリンピックを盛り上げようと、プレイベント「化学との出会い 未来を拓(…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻

「実験大好き化学者も、デスクワークを快適化しようよ」な文具コーナーです。かなり久々の執筆で恐縮です。…

4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!

第 296 回のスポットライトリサーチは、東京大学塩谷研究室で博士号を取得され、現在は京都大学寺西研…

ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化…

【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

<内容>ご好評につき、先月と同じ内容のウェブセミナーを開催!事業・開発課題の一ソリュ…

PAGE TOP