[スポンサーリンク]


ケイ素

  1. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  2. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

     地殻で酸素についで多いケイ素。身近なところでも、ガラスや半導体など、多くのケイ素化合物製品が使われ…

  3. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定

    第38回のスポットライトリサーチは、群馬大学理工学府分子科学部門 海野・武田研修士課程修了生(現在は…

  4. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

    第26回のスポットライトリサーチは、九州大学 先導物質化学研究所(永島研究室)・野田 大輔 学術研究…

  5. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

    第19回目となるスポットライトリサーチは、東北大学理学研究科化学専攻(岩本研究室) 博士課程2年の赤…

  6. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  7. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  8. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  9. シラフルオフェン (silafluofen)

  10. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

  11. 玉尾皓平 Kohei Tamao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  2. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  3. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  4. 日本科学未来館
  5. クリックケミストリー / Click chemistry
  6. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  7. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP