[スポンサーリンク]


ケイ素

  1. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

    第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんにお願いしました。有機ケイ素化合物の構造化学は日本からも傑出した業績が数々報告されていますが、以前のスポットライトリサーチでも取り上げ…

  2. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

    シラ-N-ヘテロ環を含む多環式化合物の新奇構築法が見出された。遷移金属触媒を用いず多環式化合物を合成…

  3. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  4. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

     地殻で酸素についで多いケイ素。身近なところでも、ガラスや半導体など、多くのケイ素化合物製品が使われ…

  5. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定

    第38回のスポットライトリサーチは、群馬大学理工学府分子科学部門 海野・武田研修士課程修了生(現在は…

  6. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

  7. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  8. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  9. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  10. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  11. シラフルオフェン (silafluofen)

  12. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

  13. 玉尾皓平 Kohei Tamao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年イグノーベル賞決定!
  2. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  3. 計算化学:基底関数って何?
  4. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  5. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  6. コランヌレン : Corannulene
  7. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

PAGE TOP