[スポンサーリンク]

天然物

ゲラニオール

ゲラニオールはイソプレン単位が二つの直鎖状モノテルペンの一種です。ヒドロキシ基が一つあるのでアルコールに分類されますが水にはほとんど溶解しません。二重結合の幾何異性によってE体をゲラニオールと呼ぶのに対してZ体はネロールと別名称で呼ばれています。

天然からはイネ科植物のパルマローザから得られる精油に95%の高含有率で含まれています。しかし価格の問題から主に同じくイネ科植物のシトロネラの精油成分(30-40%)を精製して得ています。
バラ様の華やかな香りとして香水、日用品、食品など様々な製品の香料として国内で年間約200トンが使用されていますが、近年では主に輸入に頼っているようです。
ゲラニオールのアルコール部位を酸化してできるアルデヒドはシトラールと呼ばれ、ビタミンAの工業的合成原料として欠かせないものとなっています。

  • Chem-Station内関連サイト

香りの化学

香りの化学2

  • 関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  2. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  3. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohe…
  4. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  5. ククルビットウリル Cucurbituril
  6. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)…
  7. アルゴン (argon; Ar)
  8. キニーネ きにーね quinine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. whileの使い方
  2. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  3. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  4. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  5. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  6. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene
  7. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  8. ゲルマニウムビニリデン
  9. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定まで
  10. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP