[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

    海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さんにお願いしました。学生時代はニッケル触媒を使った反応開発をしていらっしゃいましたが卒業後は心機一転分野を変えてケミカルバイオロジー…

  2. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

  3. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  4. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  5. 光親和性標識法の新たな分子ツール

    新年度第一回目、計第141回目のスポットライトリサーチは理化学研究所(理研)袖岡有機合成化学研究室の…

  6. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  7. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  10. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  11. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  12. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  13. トリメチルロック trimethyl lock

  14. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  15. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

  16. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】
  2. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  3. 最近の有機化学論文2
  4. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  5. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  6. アクリルアミド /acrylamide
  7. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda

注目情報

最新記事

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

PAGE TOP