[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

    突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有機化学で、それ以外が無機化学!」「炭素が関わるのが有機化学で関わらないのが無機化学!」「楽しいのが有機化学で、難しいのが無機…

  2. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

    Harvard大学のLiau教授らは、ゲノム編集技術CRISPRを利用して、骨髄性白血病に関わるタン…

  3. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

    嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

  4. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

    チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

  5. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

    海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

  6. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  7. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

  8. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  9. 光親和性標識法の新たな分子ツール

  10. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  11. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  12. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  13. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  14. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  15. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  16. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年人気記事ランキング
  2. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate
  3. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  4. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  5. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  6. 元素手帳 2018
  7. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP