[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

    チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。COSが量依存的な細胞毒性を示すことが明らかとなった。硫化水素と硫化カルボニル(COS)硫化水素(H2S)はガス状シグナル伝達物…

  2. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

    海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

  3. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

  4. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  5. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  6. 光親和性標識法の新たな分子ツール

  7. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  8. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  9. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  10. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  11. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  12. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  13. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  14. トリメチルロック trimethyl lock

  15. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  16. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 粘土に挟まれた有機化合物は…?
  2. 混合原子価による芳香族性
  3. 大分の高校生が特許を取得!
  4. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  5. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  6. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide
  7. LEGO ゲーム アプローチ

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

PAGE TOP