[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Basel大学化学科でArtificial metalloenyzmeの研究をされている岡本泰典さんにお願いしました。岡本さんは2014年に博士課程…

  2. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  3. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  4. 光親和性標識法の新たな分子ツール

    新年度第一回目、計第141回目のスポットライトリサーチは理化学研究所(理研)袖岡有機合成化学研究室の…

  5. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  6. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  8. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  9. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  10. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  11. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  12. トリメチルロック trimethyl lock

  13. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  14. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

  15. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  16. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  2. ザック・ボール Zachary T. Ball
  3. 元素占いはいかが?
  4. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  5. 論文がリジェクトされる10の理由
  6. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  7. 実験する時の服装(企業研究所)

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

PAGE TOP