[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Basel大学化学科でArtificial metalloenyzmeの研究をされている岡本泰典さんにお願いしました。岡本さんは2014年に博士課程…

  2. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  3. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  4. 光親和性標識法の新たな分子ツール

    新年度第一回目、計第141回目のスポットライトリサーチは理化学研究所(理研)袖岡有機合成化学研究室の…

  5. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  6. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  8. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  9. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  10. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  11. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  12. トリメチルロック trimethyl lock

  13. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  14. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

  15. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  16. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  2. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling
  3. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  4. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  5. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  6. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  7. トーマス・トーレス Tomas Torres

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

PAGE TOP