[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Basel大学化学科でArtificial metalloenyzmeの研究をされている岡本泰典さんにお願いしました。岡本さんは2014年に博士課程…

  2. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  3. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  4. 光親和性標識法の新たな分子ツール

    新年度第一回目、計第141回目のスポットライトリサーチは理化学研究所(理研)袖岡有機合成化学研究室の…

  5. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  6. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  8. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  9. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  10. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  11. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  12. トリメチルロック trimethyl lock

  13. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  14. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

  15. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  16. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  2. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  3. ニュースタッフ参加
  4. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  5. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  6. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  7. 化学者たちのエッセイ集【Part1】

注目情報

最新記事

ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

PAGE TOP