[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

    スタンフォード大学のCarolyn R. Bertozzi教授らは、抗体を高感度で検出する手法(Agglutination-PCR; 凝集PCR法)を開発し、唾液中にごく微量しか存在しないHIV抗体を高感度で検出することに成功しました。…

  2. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  3. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

    カリフォルニア工科大学・Dennis A. Doughertyらは、光照射で脱保護されるアミン or…

  4. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

  5. トリメチルロック trimethyl lock

    トリメチルロック(trimethyl lock, TML)とは、適切なトリガーに応じて分子を放出する…

  6. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  7. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

  8. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  9. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  10. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  11. チン・リン Qing Lin

  12. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

  13. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

  14. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発

  15. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  16. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  2. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授
  3. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  4. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  5. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  6. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  7. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

PAGE TOP