[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!

    第322回のスポットライトリサーチは、東北大学多元物質科学研究所 (水上研究室)・小和田俊行 助教にお願いしました。光で生体高分子を操作する技術は、生命科学研究を進展させる強力なツールになります。中でも細胞内タンパク質の連結技術は、…

  2. 蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

    第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

  3. 複数酵素活性の同時検出を可能とするactivatable型ラマンプローブの開発

    第292回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科・藤岡礼任さんにお願いしました。…

  4. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-…

  5. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

    第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

  6. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

  7. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

  8. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

  9. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

  10. 第117回―「感染症治療を志向したケミカルバイオロジー研究」Erin Carlson准教授

  11. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  12. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  13. 山東信介 Shinsuke Sando

  14. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

  15. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授

  16. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  2. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子の利用法 Total Synthesis vs Total Biosynthesis
  3. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  4. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  5. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築
  6. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  7. ザック・ボール Zachary T. Ball

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP