[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. オートファジー特異的阻害剤としての新規Atg4B阻害剤の開発

    第 378 回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学大学院 生化学研究室 薬学専攻博士課程1年の 工藤 優大 (くどう・ゆうだい) さんにお願いしました。工藤さんの所属する生化学研究室 (五十里 彰 研究室) では、新規抗癌剤開発、生…

  2. 精密分子設計による高感度MRI分子プローブの開発 ~早期診断に向けたがん関連酵素活性の生体内リアルタイム計測~

    第373回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 工学系研究科山東研究室の齋藤雄太朗助教と谷田部…

  3. タンパク質を「みる」技術で科学のフロンティアを切り拓く!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー⑤】

    2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

  4. 上田 実 Minoru Ueda

    上田実 (うえだみのる、1965年10月21日–)は日本の有機化学者である。東北大学教授・JSPS …

  5. 第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】

    2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

  6. 第51回「電流でDNAを検出する」佐藤しのぶ准教授

  7. 【書籍】タンパク質科学 生物物理学的なアプローチ

  8. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!

  9. 蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

  10. 複数酵素活性の同時検出を可能とするactivatable型ラマンプローブの開発

  11. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

  12. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

  13. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

  14. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

  15. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

  16. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement
  2. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  3. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  4. 脱離反応 Elimination Reaction
  5. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  6. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  7. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

PAGE TOP