[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

    第45回目の研究者インタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者である、東京大学の大栗博毅先生にお願いしました。大栗研究室では、ユニークな戦略に基づく天然物やその類縁人口分子の合成と、これを起点とするケミカルバイオロジー研究が行わ…

  2. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

    第123回の海外化学者インタビューは、ジョン・D・(ニック)フィスク教授です。コロラド州立大学 化学…

  3. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

    第119回の海外化学者インタビューは、アーロン・ライト博士です。パシフィック・ノースウエスト国立研究…

  4. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

    第118回の海外化学者インタビューは、キャロライン・ベルトッツィ教授です。カリフォルニア大学バークレ…

  5. 第117回―「感染症治療を志向したケミカルバイオロジー研究」Erin Carlson准教授

    第117回の海外化学者インタビューは、エリン・カールソン准教授です。インディアナ大学化学科(訳注:現…

  6. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  7. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  8. 山東信介 Shinsuke Sando

  9. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

  10. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授

  11. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

  12. 「糖鎖レセプターに着目したインフルエンザウイルスの進化の解明」ースクリプス研究所Paulson研より

  13. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

  14. 新奇蛍光分子トリアザペンタレンの極小蛍光標識基への展開

  15. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

  16. オートファジーの化学的誘起で有害物質除去を行う新戦略「AUTAC」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects
  2. NMR管
  3. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  4. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  5. マラカイトグリーン /Malachite Green
  6. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  7. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720

注目情報

最新記事

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

第278回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 夫研究室の相澤 直矢(あいざわ なおや)さんにお…

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

スラリー中の粒子(結晶)の観察は、晶析研究などではぜひみたいところです。しかし、外に取り出し…

PAGE TOP