[スポンサーリンク]


ケミカルバイオロジー

  1. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経歴1994 岐阜大学農学部生物資源利用学科 卒業1996岐阜大学大学院農学研究科生物資源利用学専攻 修士号取得1999岐阜大…

  2. 山東信介 Shinsuke Sando

    山東信介 (1973年、和歌山県生まれ)は、日本の化学者である。専門は生体機能関連化学、ケミカルバイ…

  3. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

    さて、今回は第41回目の研究者インタビューです。今回も前回に引き続き第5回ケムステVシンポの講演者に…

  4. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授

    さて、今回は第40回目の研究者インタビューです。インタビューをお願いしたのは第5回ケムステVシンポの…

  5. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

    コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

  6. 「糖鎖レセプターに着目したインフルエンザウイルスの進化の解明」ースクリプス研究所Paulson研より

  7. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

  8. 新奇蛍光分子トリアザペンタレンの極小蛍光標識基への展開

  9. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

  10. オートファジーの化学的誘起で有害物質除去を行う新戦略「AUTAC」

  11. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

  12. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

  13. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

  14. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  15. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

  16. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  2. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに
  3. bothの使い方
  4. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  5. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  6. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  7. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP