[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第42回ケムステVシンポ「ペプチドと膜が織りなす超分子生命工学」を開催します!

[スポンサーリンク]

第41回の会告を先日出したばかりですが、第42回のVシンポ会告を致します。

今回は生体関連分子の代表格である「ペプチド」と「膜」が主役です。

近年では精密に設計されたペプチドを用いる生命指向型研究が、医薬化学やケミカルバイオロジーの文脈を見据えて隆盛をみせています。単独で働くペプチドも勿論多くありますが、中には自己組織化をへて、構造体としてはじめて機能を示すものや、他の生体分子と相互作用しながら機能を果たすものなど、振る舞いにもバリエーションを示します。とりわけ疎水性を適度に保ったペプチド同士、または脂質膜との相互作用によって作り出される構造体には、生体関連分子で隔てられた「内界と外界」をつなぐインターフェースとしての役割も期待されており、近年いっそうの注目を集めています。

今回のケムステVシンポは、そのようなテーマで先端研究を行われている3名の先生方にご講演をお願い致しました。普段とは違ったカラーのトピックでもありますので、生体関連化学にご興味ある方を含めて、是非とも聴講ください!

参加登録はこちら

実施概要

第42回ケムステVシンポジウム
「ペプチドと膜が織りなす超分子生命工学」

対象:誰でも

開催日:2023 年 11 月 21日 (火)

講演時間:18:00-20:00(1 名あたり講演 25 分+質疑応答 5 分程度を目安、各講演間に協賛企業からのお知らせ 5 分程度)

会場:オンライン(講演者は Zoom 使用・YouTubeライブ の限定 URL 配信)

定員:先着 1,500 名(途中参加・退出自由)

言語:日本語

参加費:無料

講演者:

  1. 松浦 和則  先生(鳥取大学学術研究院工学系部門・教授)
    「自己集合性ペプチドによるケミカルウイルスレプリカおよび光応答性人工細胞骨格の創製」
  2. 村岡 貴博 先生(東京農工大学大学院工学研究院・教授)
    「膜輸送分子技術の構築と応用」
  3. 川野 竜司 先生(東京農工大学大学院工学研究院・教授)
    「脂質膜にナノポアを形成するペプチドの設計とタンパクシーケンスへの応用」

参加登録:(Connpass利用ガイドはこちら

Connpassイベントページで行ってください・開始30分前(17:30)まで受付

参加登録はこちら

*参加登録して URL さえゲットすれば、YouTube Live に間に合わなくても数日間タイムシフト視聴できます。
*ご質問・ご感想はYouTubeのチャットで受け付けています。活発な質疑討論に是非ご参加下さい!

Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #ペプチド膜超分子

主催:Chem-Station

協賛:東京化成工業株式会社 / メルク株式会社 / 株式会社島津製作所

ファシリテーター:

生長 幸之助 (Chem-Station副代表・産総研 研究チーム長)

モデレーター:
清川慎介(Chem-Station スタッフ・香港科技大 大学院生)
山地未紗(東京農工大学・大学院生)
藤田祥子(東京農工大学・大学院生)
古川寛人(鳥取大学・大学院生)

 

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営・配信しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトをご訪問ください。

Merck株式会社

▼メルクはNovabiochemブランドでFmocアミノ酸やカップリング試薬を幅広く取り揃えており、皆様のペプチド研究をサポートいたします
https://www.sigmaaldrich-jp.com/catalog/?freeword=CHM076

▼Avantiの脂質類は生体膜研究に広く用いられています。Avantiの脂質類についてはこちら
https://www.sigmaaldrich.com/JP/ja/products/chemistry-and-biochemicals/biochemicals/avanti-polar-lipids

▼Avantiの脂質に関する新資料公開中!
https://www.sigmaaldrich-jp.com/catalog/?freeword=CHM153

島津製作所

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。人々の願いを実現し、社会に貢献するためにこれからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)→詳しくはこちら

東京化成工業

東京化成工業は,「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に,グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。科学技術の進歩に対応し,皆様のニーズに対応するため,日々新たな製品の開発に取り組んでいます。弊社パンフレットを以下リンク先でpdfファイルとしてご提供しています。
以下リンク先からダウンロードしてご利用ください。
https://www.tcichemicals.com/JP/ja/support-download/brochures/categorized_brochures_1

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クロスカップリングの研究年表
  2. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用
  3. プラスチック類の選別のはなし
  4. 塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応
  5. 白金イオンを半導体ナノ結晶の内外に選択的に配置した触媒の合成
  6. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  7. ぼっち学会参加の極意
  8. 高温焼成&乾燥プロセスの課題を解決! マイクロ波がもたらす脱炭素…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明
  2. ムレキシド反応 Murexide reaction
  3. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  4. 光応答性リキッドマーブルのマイクロリアクターとしての機能開拓
  5. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  6. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~
  7. リコペン / Lycopene
  8. 大学入試のあれこれ ②
  9. MUKAIYAMA AWARD講演会
  10. ベンゼン環をつないで 8 員環をつくる! 【夢の三次元ナノカーボンの創製に向けて】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP