[スポンサーリンク]


ケモインフォマティクス

  1. 電子ノートSignals Notebookを紹介します!④

    今回は、先日の記事(↓)で紹介し切れなかった、Signals NotebookのMaterials機能の詳細について、ご紹介と使い方の説明をしてきます。前回記事:IASO R7の試薬データベースを構造式検索できるようにしてみた今回は…

  2. 小島 諒介 Ryosuke Kojima

    小島 諒介(こじま りょうすけ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の計算化学者・データサイエンティ…

  3. データケミカル株式会社ってどんな会社?

    データケミカル株式会社は、当社CTO金子弘昌(明治大学理工学部准教授)が運営する…

  4. プロジェクトディレクトリについて

    今回は、特にソフトウェア開発の文脈で登場する「プロジェクトディレクトリ」という用語について、触れてい…

  5. Rではじめるケモ・マテリアルズ・インフォマティクスープログラミング・ノックで基礎を完全習得ー

    概要【化学×デジタル人材になるための、標準かつ必須教科書!】本書は新化学技術推進協会で開…

  6. 生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

  7. 第53回「すべての化学・工学データを知識に変える」金子弘昌准教授

  8. 金子 弘昌 Hiromasa Kaneko

  9. 山西芳裕 Yoshihiro Yamanishi

  10. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  11. Pythonで気軽に化学・化学工学

  12. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

  13. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

  14. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

  15. 極性表面積 polar surface area

  16. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  2. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  3. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  4. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  5. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  6. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~
  7. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

PAGE TOP