[スポンサーリンク]


ケモインフォマティクス

  1. 小島 諒介 Ryosuke Kojima

    小島 諒介(こじま りょうすけ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の計算化学者・データサイエンティストである。専門分野は人工知能,機械学習,ケモインフォマティクス。京都大学大学院医学研究科 講師。第41回ケムステVシンポ講師。 (…

  2. データケミカル株式会社ってどんな会社?

    データケミカル株式会社は、当社CTO金子弘昌(明治大学理工学部准教授)が運営する…

  3. プロジェクトディレクトリについて

    今回は、特にソフトウェア開発の文脈で登場する「プロジェクトディレクトリ」という用語について、触れてい…

  4. Rではじめるケモ・マテリアルズ・インフォマティクスープログラミング・ノックで基礎を完全習得ー

    概要【化学×デジタル人材になるための、標準かつ必須教科書!】本書は新化学技術推進協会で開…

  5. 生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

    第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

  6. 第53回「すべての化学・工学データを知識に変える」金子弘昌准教授

  7. 金子 弘昌 Hiromasa Kaneko

  8. 山西芳裕 Yoshihiro Yamanishi

  9. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  10. Pythonで気軽に化学・化学工学

  11. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

  12. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

  13. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

  14. 極性表面積 polar surface area

  15. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう

  16. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  2. 世界が終わる日までビスマス
  3. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  4. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  5. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  6. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–
  7. アルカリ土類金属触媒の最前線

注目情報

最新記事

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

PAGE TOP