[スポンサーリンク]


フェロモン

  1. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

    第63回の海外化学者インタビューは日本から、矢島 新 教授です。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科(訳注:現在は生命科学部分子生命化学科に所属)に所属し、化学と生物学の接点、特に微生物フェロモンやイネのファィトアレキシンに着目し、天然物や…

  2. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~

    Tshozoです。①の続き、さっそく行きます。読んでるだけで体が痒くなりそうなトコジラミの生…

  3. ペリプラノン

    注 ペリプラノンは誘因フェロモンではありませんペリプラノンはワモンゴキブリ(英名…

  4. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり

    おっさんマウスが小学生マウスを襲う。自然の摂理に反して見える、異常行動の抑制には、涙に含まれる化学成分が活躍していると判明しました。

  5. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

    年齢を重ねるほど小さくなる生き物、ケイ藻の性フェロモンが単離・構造決定されました。

  6. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活

  7. 目指せ!フェロモンでリア充生活

  8. シロアリの女王フェロモンの特定に成功

  9. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ

  10. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  2. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  3. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  4. キラルオキサゾリジノン
  5. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  6. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2
  7. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

PAGE TOP