[スポンサーリンク]


フェロモン

  1. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

    第63回の海外化学者インタビューは日本から、矢島 新 教授です。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科(訳注:現在は生命科学部分子生命化学科に所属)に所属し、化学と生物学の接点、特に微生物フェロモンやイネのファィトアレキシンに着目し、天然物や…

  2. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~

    Tshozoです。①の続き、さっそく行きます。読んでるだけで体が痒くなりそうなトコジラミの生…

  3. ペリプラノン

    注 ペリプラノンは誘因フェロモンではありませんペリプラノンはワモンゴキブリ(英名…

  4. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり

    おっさんマウスが小学生マウスを襲う。自然の摂理に反して見える、異常行動の抑制には、涙に含まれる化学成分が活躍していると判明しました。

  5. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

    年齢を重ねるほど小さくなる生き物、ケイ藻の性フェロモンが単離・構造決定されました。

  6. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活

  7. 目指せ!フェロモンでリア充生活

  8. シロアリの女王フェロモンの特定に成功

  9. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ

  10. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Imaging MS イメージングマス
  2. 大学入試のあれこれ ①
  3. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  4. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa
  5. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  6. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  7. 燃えないカーテン

注目情報

最新記事

偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

スコッチ・ウイスキーは世界中の多くの人々に愛されていますが、近年ではビンテージもののスコッチ・ウイス…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

PAGE TOP