[スポンサーリンク]

archives

ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride

[スポンサーリンク]

温和なアルコールの塩素化反応

Kumarらは,ピバロイルクロリドとDMFを用いたアルコールの塩素化反応について報告しています。この方法は第一級や第二級アルコール,アリル,ホモアリル,ベンジルアルコールなど種々のアルコールを温和な条件下で塩素化し,高収率で対応する塩素化体が得られます。使用する試薬は安価で毒性が低く,後処理も簡便なため,新しい塩素化法として期待されています。

“Pivaloyl chloride/DMF: a new reagent for conversion of alcohols to chlorides”

A. Dubey, A. K. Upadhyay, P. Kumar, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 744. DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.11.131

1-s2.0-S004040390902262X-fx1

An efficient procedure for conversion of alcohols into the corresponding chlorides is described. Pivaloyl chloride/DMF complex is employed as a mild and inexpensive reagent. A possible reaction mechanism is proposed.

 

 

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  2. ケムステ国際版・中国語版始動!
  3. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  5. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  6. ケムステの記事が3650記事に到達!
  7. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)
  2. ギ酸 (formic acid)
  3. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  4. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  5. 有機化学美術館が来てくれました
  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  7. すごい分子 世界は六角形でできている
  8. 日本触媒で爆発事故
  9. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  10. 3.11 14:46 ②

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP