[スポンサーリンク]

archives

ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride

温和なアルコールの塩素化反応

Kumarらは,ピバロイルクロリドとDMFを用いたアルコールの塩素化反応について報告しています。この方法は第一級や第二級アルコール,アリル,ホモアリル,ベンジルアルコールなど種々のアルコールを温和な条件下で塩素化し,高収率で対応する塩素化体が得られます。使用する試薬は安価で毒性が低く,後処理も簡便なため,新しい塩素化法として期待されています。

“Pivaloyl chloride/DMF: a new reagent for conversion of alcohols to chlorides”

A. Dubey, A. K. Upadhyay, P. Kumar, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 744. DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.11.131

1-s2.0-S004040390902262X-fx1

An efficient procedure for conversion of alcohols into the corresponding chlorides is described. Pivaloyl chloride/DMF complex is employed as a mild and inexpensive reagent. A possible reaction mechanism is proposed.

 

 

関連記事

  1. Grubbs第二世代触媒
  2. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  3. トップデザイン変更
  4. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  5. サーバーを移転しました
  6. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  7. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  8. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. M.G.フィン M. G. Finn
  2. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  3. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination
  4. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  5. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  6. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  7. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏
  8. アセチレン、常温で圧縮成功
  9. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  10. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP