[スポンサーリンク]

archives

ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride

温和なアルコールの塩素化反応

Kumarらは,ピバロイルクロリドとDMFを用いたアルコールの塩素化反応について報告しています。この方法は第一級や第二級アルコール,アリル,ホモアリル,ベンジルアルコールなど種々のアルコールを温和な条件下で塩素化し,高収率で対応する塩素化体が得られます。使用する試薬は安価で毒性が低く,後処理も簡便なため,新しい塩素化法として期待されています。

“Pivaloyl chloride/DMF: a new reagent for conversion of alcohols to chlorides”

A. Dubey, A. K. Upadhyay, P. Kumar, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 744. DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.11.131

1-s2.0-S004040390902262X-fx1

An efficient procedure for conversion of alcohols into the corresponding chlorides is described. Pivaloyl chloride/DMF complex is employed as a mild and inexpensive reagent. A possible reaction mechanism is proposed.

 

 

関連記事

  1. サーバーを移転しました
  2. 安全なジアゾメタン原料
  3. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  4. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  5. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  6. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  7. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  8. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent
  2. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  3. 続・名刺を作ろう―ブロガー向け格安サービス活用のススメ
  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  5. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  6. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  7. “CN7-“アニオン
  8. MAC試薬 MAC Reagent
  9. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  10. A-ファクター A-factor

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP