[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり

紳士は決して手を出さない子どもフェロモン

センセーショナルな匂いネタが、ネイチャー電子版で2013年10月2日に報告されました。おっさんマウスが小学生マウスを襲う。自然の摂理に反して見える、異常行動の抑制には、涙に含まれマウスの嗅覚器官を刺激する化学成分が活躍しているというのです。研究機関から日本語プレスリリースも出ているため、少しだけ紹介します。ちなみに、マウス(mouse)って、ネズミさんのことですよ。

 

幼少の女の子は可愛いものです。例えば、わが国が世界に誇る物語文学である紫式部源氏物語』には、主人公の光源氏がまだ幼い若紫を見初めて「面つきいとらうたげにて 眉のわたりうちけぶり いはけなくかいやりたる額つき 髪ざし いみじううつくし」とあります。これは現代語訳すると「(髪をとかしてもらうために嫌がりながらも椅子にちょこんと座った若紫の)顔つきがとても可愛らしげで、眉のあたりがほんのりとして、子供っぽく髪をかき上げた額つきや、髪のぐあいも大変に可愛らしい」という意味です。幼少の女の子は可愛いものです。大事なことなので2回、言いました。
GREEN2013esp22d

若紫の姿を垣間見して覗き見る光源氏

光源氏は紳士なので若紫が成人するまでちゃんと養育しました。光源氏ほど思考がぶっとんでいなくても、多くの人は「小学生くらいの女の子を可愛いと思う気持ち」と、その先に進んで「大人の男女がいっしょになると起こるおかしなことをしたいという感情」は違うと考えます。こういった分別は、生まれながら誰もが持つものなのか、生まれた後に刑罰の恐ろしさを学んだからかはともかくとして、まっとうな社会生活を続ける上でもとめられる態度のひとつです。ヒトに限らず、多くの動物では、雌がしっかり成熟しているか、雄はきちんと識別しています。

 

必見の驚愕動画!

まずはリンク先の動画を見てみてください。2匹いるマウスのうち、大きい方が「おっさんネズミ」、小さい方が「小学生ネズミ」です。

・フェロモン感知能力を欠いた雄マウス

Video 2: A Trpc2-/- adult male displays sexual behavior towards a juvenile female

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/fig_tab/nature12579_SV2.html

・フェロモン感知能力を持つ雄マウス

Video 1: A Trpc2+/+ adult male interacts with a juvenile female

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/fig_tab/nature12579_SV1.html

フェロモン感知能力を欠いたおっさんネズミの、紳士の風上には置けない動画をご覧になりましたか。実験とは言え、このロリコンめと成敗し、ちっさいネズミを保護したくなってしまうかもしれません。

通常の雄マウスが紳士である理由。それは、幼少の雌マウスの涙に含まれるフェロモン分子がきちんと分かるかどうかにあるといいます。

 

マウスで発見された「わたしはまだ子どもなのに」を伝える匂いの言葉

聴覚と視覚に優れたヒトが会話や文字で相手とコミュニケーションするのと同じように、嗅覚に優れた動物は匂いで相手とコミュニケーションします。この匂いをもたらす「同じ種類の動物に作用し特別な行動を引き起こす物質」をフェロモンと呼びます。昆虫でも、魚でも、カエルでも、ゾウでも、ウサギでも、フェロモンは存在します。言うなれば、フェロモンは、本能を呼び起こす匂いの言葉です。この匂いの言葉で語りかけられると、もうその行動をしたくてしたくてしょうがなくなります。

動物の行動には、生まれながらの本能行動と、生まれた後の経験で変わる学習行動と、2種類があります。例えば「道端でスタイルがよくて可愛い子の姿を見て思わず心拍数があがった」というのは本能によるものです。「声優の声を聴いたところ以前に演じていたアニメのキャラクターを思い出した」というのは学習によるものです。フェロモンが起こす行動は、遺伝子に刻まれた本能によります。

GREEN2013esp4

 

マウスでもフェロモンの存在は確認されていました。とくに、21世紀に入って発見されたばかりのESP(exocrine grand secreting peptide)と呼ばれるペプチドは注目の的でした。ESPペプチドはマウスゲノムに数十種類ほど存在します。未解明な部分が多く、ESPペプチドのなかまのうち一部のメンバーでしか機能が分かっていません。

2015-11-29_14-45-34

幼少フェロモンESP22の構造

数十種類あるESPペプチドのうち、ESP22ペプチドの作用は、マウスの系統ごとで性行動の差を調べる中で、新たに判明しました。冒頭の動画に見られる違いが生まれる仕組みはこうです。幼少の雌マウスから「わたしはまだ子どもだよ」という情報が発信されます。この役割を担うフェロモンがESP22ペプチドです。雄マウスは鼻で感知されたこの匂いの言葉が脳に伝わって「まだ成熟した大人でないな」と認識します。人間で言えばジュブナイル小説を読みはじめるくらいに相当する年齢の幼少(juvenile)な雌マウスは、こうして身を守っています。より詳しくは、リンク先をご覧ください。

ただしマウスで見つかったこのフェロモンはヒトにはありません

残念ながらというべきか、安心べきことにというべきか、マウスで見つかったこのフェロモンはヒトにはありません。ESP22ペプチドの設計図にあたる遺伝子が、マウスゲノムにはあっても、ヒトゲノムにはないということが、まず第一の根拠。マウスの鼻の中にあってESP22ペプチドを感知する鋤鼻器が、ヒトの鼻の中にある嗅上皮とは、発生の系譜や神経のつながりが異なるということが、第二の根拠です。

>オスマウスの性行動を抑制する幼少フェロモンを発見 (プレスリリースより引用)

ESP22をコードするDNAの塩基配列は、ヒトゲノム上には存在せず、鋤鼻器もヒトでは機能しておらず、直接、ヒトへの応用に結びつくものではありません。本研究の成果は、マウスの行動がどのような化学感覚シグナルによって制御されているか、その理解を深めるもので、今後、哺乳類の情動や行動を支配・制御する脳神経回路の解明に向けて、有用な基礎研究基盤となるものです。

ヒトに同じフェロモンはないけれども、マウスのフェロモンで伝えられた信号の下流に、もしかしたらヒトを含め哺乳類に共通したロリコンを制御する未知の脳神経回路があるかもしれません。倉庫や製造所のマウス過剰繁殖の抑制だけでなく、どういう仕組みなんだろうと興味のわく話題だと思いました。

 

参考論文

1 “A juvenile mouse pheromone inhibits sexual behaviour through the vomeronasal system.” Ferrero DM, Moeller LM, Takuya Osakada, Nao Horio, Li Q, Roy DS, Cichy A, Spehr M, Kazushige Touhara, Liberles SD Nature 2013 DOI: 10.1038/nature12579

素材としてお借りしました

1 Lat式ちびミク公開 (http://www.nicovideo.jp/watch/sm9931954)
The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. タミフルの新規合成法・その4
  2. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  3. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  4. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  5. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応
  6. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It…
  7. メタンハイドレートの化学
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  2. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclization
  3. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  4. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  5. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  6. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  7. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  8. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  9. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination
  10. 生物学的等価体 Bioisostere

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP