[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ

  • 内容

低分子量の生物活性物質、とくにホルモンとフェロモンについて、合成を中心に平易に解説。実験的な事柄を含めて生物活性物質の合成化学を解説するとともに、化学者の生き方についてもふれた、化学系の大学生のための副読本。

  • 対象

大学生以上

 

  • 評価・解説

天然物合成で著名な森謙治先生の著書。フェロモン系の天然物を中心に、その役割から合成までを概説しています。森先生御自身の仕事を中心に書いてあるので、自伝的な印象も受けます。裏話なども書いてあり、読み物としても面白いです。平易な言葉で書いてあるため読みやすく、値段も高くないので一冊どうでしょうか?

 

  •  関連書籍

  • 関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  2. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  3. 化学の歴史
  4. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  5. Illustrated Guide to Home Chemis…
  6. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  7. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  8. 2016年9月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究活動の御用達!PDF加工のためのクラウドサービス
  2. 複雑なアルカロイド合成
  3. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  4. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  5. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  6. フローリアクターでペプチド連結法を革新する
  7. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  8. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  9. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  10. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP