[スポンサーリンク]


全合成

  1. テトラセノマイシン類の全合成

    第118回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程3年の佐藤 翔吾さんにお願いしました。佐藤さんの所属する鈴木・大森研究室は、複雑天然物の全合成、とりわけ生合成的に出自の異なるハイブリッド型天然物に注目…

  2. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  3. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  6. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成

  7. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

  8. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

  9. 井上 将行 Masayuki Inoue

  10. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

  11. マダンガミンの網羅的全合成

  12. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  13. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  14. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  15. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

  16. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide
  2. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授
  3. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  4. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  5. ノーベル街道起点
  6. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質
  7. 英会話とプログラミングの話

注目情報

最新記事

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

PAGE TOP