[スポンサーリンク]


全合成

  1. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

    セス・B・ハーゾン(Seth. B. Herzon、1979年7月26日–)は米国の有機化学者である。米国イェール大学教授。経歴2002 テンプル大学卒業2006 ハーバード大学 博士号取得 (Andrew G. Myers 教…

  2. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正

    Harziane diterpenoidの全合成が初めて達成された。また、報告されていた立体構造の誤…

  3. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者で…

  4. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alde…

  5. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

  6. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

  7. Pallambins A-Dの不斉全合成

  8. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

  9. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

  10. Arcutine類の全合成

  11. Arborisidineの初の全合成

  12. (−)-Salinosporamide Aの全合成

  13. 化合物の秤量

  14. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~

  15. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  16. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  2. 特許の基礎知識(2)「発明」って何?
  3. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  4. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  5. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  6. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  7. 電子学術情報の利活用

注目情報

最新記事

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

PAGE TOP