[スポンサーリンク]


全合成

  1. アザヘテロ環をあざとく作ります

    パラジウム触媒を用いた逐次的な分子内アザヘック/C–Hアリール化反応による含窒素多環式骨格の構築法が開発された。本反応を用いて(+)-pileamartine Aの初の全合成が達成された。パラジウム触媒による1,2-カルボアミノ化を用い…

  2. 抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究

    第362回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院農学研究科(入江研究室)・八木田凌太郎さんにお願…

  3. 結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

    セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

  4. 10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

    高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

  5. ピリジンの立体装飾でアルカロイドをつくる

    複雑テルペンアルカロイド 、アルテミシジンの全合成がわずか11工程で達成された。ピリジンの巧みな立体…

  6. 第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

  7. 酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

  8. 9‐Dechlorochrysophaentin Aの合成と細胞壁合成阻害活性の評価

  9. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

  10. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

  11. 谷野 圭持 Keiji Tanino

  12. 第10回ケムステVシンポ「天然物フィロソフィ」を開催します

  13. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

  14. (–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

  15. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符

  16. 千田憲孝 Noritaka Chida

スポンサー

ピックアップ記事

  1. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発
  2. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  3. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  4. フラーレン /Fullerene
  5. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  6. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III
  7. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

注目情報

最新記事

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP