[スポンサーリンク]


全合成

  1. Pallambins A-Dの不斉全合成

    保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペノイドの生物学的研究、および類似天然物の合成研究に利用されることが期待される(IMG Credit:Board of Trustees, S…

  2. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

    天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従来の合成品と天然物のNMRスペクトル…

  3. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

    2つのラジカル反応を鍵反応として6/8/6員炭素骨格を効率的に構築し、1-ヒドロキシタキシニンの不斉…

  4. Arcutine類の全合成

    Arcutinidine, arcutinine, 及びarcutineの不斉全合成が達成された。生…

  5. Arborisidineの初の全合成

    インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

  6. (−)-Salinosporamide Aの全合成

  7. 化合物の秤量

  8. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~

  9. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  10. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

  11. 非対称化合成戦略:レセルピン合成

  12. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

  13. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

  14. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成

  15. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

  16. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  2. ミノキシジル /Minoxidil
  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  4. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  5. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  6. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess
  7. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

PAGE TOP