[スポンサーリンク]


全合成

  1. 環拡大で八員環をバッチリ攻略! pleuromutilinの全合成

    グラム陽性菌の抗生物質であるpleuromutilinの全合成が報告された。環拡大反応を駆使し複雑な三環式骨格を構築したのち、巧みな不斉官能基化により16工程で合成を達成した。pleuromutilinの合成Pleuromutili…

  2. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成

    複数の塩素原子を有する海洋性ステロイドclionastatin AおよびBの合成が報告された。安価な…

  3. トリテルペノイドの「トリ」!?octanorcucurbitacin Bの全合成

    ククルビタン型トリテルペンoctanorcucurbitacin Bの全合成が初めて達成された。常法…

  4. 海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

    第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

  5. アザヘテロ環をあざとく作ります

    パラジウム触媒を用いた逐次的な分子内アザヘック/C–Hアリール化反応による含窒素多環式骨格の構築法が…

  6. 抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究

  7. 結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

  8. 10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

  9. ピリジンの立体装飾でアルカロイドをつくる

  10. 第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

  11. 酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

  12. 9‐Dechlorochrysophaentin Aの合成と細胞壁合成阻害活性の評価

  13. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

  14. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

  15. 谷野 圭持 Keiji Tanino

  16. 第10回ケムステVシンポ「天然物フィロソフィ」を開催します

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 理系のための就活ガイド
  2. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編
  3. Letters to a Young Chemist
  4. 強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発
  5. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  6. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  7. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

PAGE TOP