[スポンサーリンク]


全合成

  1. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

    大栗博毅(おおぐりひろき、1970年8月24日)は日本の有機化学者である。東京大学理学系研究科教授。経歴1993 東北大学理学部卒業1998 東北大学大学院理学研究科 博士課程修了 (平間正博 教授)1998–2003 東北…

  2. (–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

    (–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

  3. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符

    市販の試薬から短工程でbrevianamide Aの初の全合成が達成された。今後、brevianam…

  4. 千田憲孝 Noritaka Chida

    千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

  5. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

    セス・B・ハーゾン(Seth. B. Herzon、1979年7月26日–)は米国の有機化学者である…

  6. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正

  7. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  8. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

  9. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

  10. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

  11. Pallambins A-Dの不斉全合成

  12. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

  13. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

  14. Arcutine類の全合成

  15. Arborisidineの初の全合成

  16. (−)-Salinosporamide Aの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イボレノリドAの単離から全合成まで
  2. ケムステVシンポ「最先端有機化学」開催報告(前編)
  3. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  4. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  5. 日本人化学者による卓越した化学研究
  6. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  7. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

PAGE TOP