[スポンサーリンク]


全合成

  1. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア大学バークレー校准教授。経歴2004 カリフォルニア大学バークレー校卒業2009 スクリプス研究所 博士…

  2. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

    イボガ型アルカロイド類の生合成および半合成が報告された。抗薬物中毒活性を有する(–)-イボガインは天…

  3. Pallambins A-Dの不斉全合成

    保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

  4. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

    天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従来の合成品と天然物のNMRスペクトル…

  5. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

    2つのラジカル反応を鍵反応として6/8/6員炭素骨格を効率的に構築し、1-ヒドロキシタキシニンの不斉…

  6. Arcutine類の全合成

  7. Arborisidineの初の全合成

  8. (−)-Salinosporamide Aの全合成

  9. 化合物の秤量

  10. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~

  11. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  12. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

  13. 非対称化合成戦略:レセルピン合成

  14. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

  15. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

  16. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マット・フランシス Matthew B. Francis
  2. 固体NMR
  3. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry
  4. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester
  5. 2008年イグノーベル賞決定!
  6. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  7. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP