[スポンサーリンク]


全合成

  1. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア工科大学教授経歴2001 コネチカット大学卒業2006 イエール大学 博士号取得 (John L. Wood…

  2. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alde…

  3. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

  4. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

    イボガ型アルカロイド類の生合成および半合成が報告された。抗薬物中毒活性を有する(–)-イボガインは天…

  5. Pallambins A-Dの不斉全合成

    保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

  6. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

  7. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

  8. Arcutine類の全合成

  9. Arborisidineの初の全合成

  10. (−)-Salinosporamide Aの全合成

  11. 化合物の秤量

  12. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~

  13. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  14. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

  15. 非対称化合成戦略:レセルピン合成

  16. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid
  3. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  4. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  5. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度
  6. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  7. アルドール・スイッチ Aldol-Switch

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP