[スポンサーリンク]


全合成

  1. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

    四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によって、インドールアルカロイドの骨格を迅速構築する方法論を開発した。本法によって選択的に得られる多能性中間体を用い、33種類の生物活性インドー…

  2. Gilbert Stork最後の?論文

    最近、アメリカ化学会の有機化学速報誌Organic Lettersにびっくりする著者の論文が掲載され…

  3. テトラセノマイシン類の全合成

    第118回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程3年の佐藤 翔吾さん…

  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  5. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)

  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

  8. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成

  9. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

  10. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

  11. 井上 将行 Masayuki Inoue

  12. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

  13. マダンガミンの網羅的全合成

  14. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  15. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  16. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プラトー反応 Prato Reaction
  2. 2007年10大化学ニュース
  3. のむ発毛薬で五輪アウトに
  4. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  5. U≡N結合、合成さる
  6. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  7. 高峰譲吉の墓

注目情報

最新記事

チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(Charles Stark Draper Prize)とは、全米…

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

PAGE TOP