[スポンサーリンク]


全合成

  1. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成

    第162回目のスポットライトリサーチは、東京農工大学工学府博士課程・谷藤 涼(たにふじ りょう)さんにお願いしました。谷藤さんの所属する大栗研究室では、斬新な戦略に基づく多環性・多官能性天然物の全合成と、それを通じたケミカルバイオロ…

  2. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

    電気を用いた位置およびジアステレオ選択的なカップリング反応により、(-)-thebaineの生体模倣…

  3. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  4. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  5. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  6. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  7. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  8. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  9. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

  10. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

  11. Gilbert Stork最後の?論文

  12. テトラセノマイシン類の全合成

  13. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  14. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

  15. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)

  16. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  2. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  3. ニュースタッフ追加
  4. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  5. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination
  6. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  7. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP