[スポンサーリンク]


全合成

  1. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

    望みの有機化合物が欲しい場合、普通は有機合成(Organic Synthesis)によって供給します。特に医薬品や高機能材料などに求められる複雑化合物を得る目的には、現状ほぼ唯一の手段とされています。しかし最近になって「全く新しいも…

  2. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

    14-Step Synthesis of (+)-Ingenol from (+)-3-Carene…

  3. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成

    天然から発見された有機化合物には、2つの同じ(もしくは似ている)ユニットが結合し…

  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  6. イボレノリドAの単離から全合成まで

  7. ヒバリマイシノンの全合成

  8. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)

  9. アロタケタールの全合成

  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

  12. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)

  13. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④

  14. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

  15. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)

  16. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②

スポンサー

ピックアップ記事

  1. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  2. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  3. もし新元素に命名することになったら
  4. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  5. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  6. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  7. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP