[スポンサーリンク]


合成生物学

  1. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Science and Engineeing (D-BSSE)に留学されていた小嶋良輔さんにお願いしました。小嶋さんはスイスから帰国後、新…

  2. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内…

  3. 指向性進化法 Directed Evolution

    指向性進化法(directed evolution)とは、自然界の淘汰モデルを模す形で、タンパク質・…

  4. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  5. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

    非リボソームペプチド(non-ribosomal peptide, NRP)とは、微生物の二次代謝産…

  6. ジョージ・チャーチ George M. Church

  7. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

  8. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

  9. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

  10. DNAに人工塩基対を組み入れる

  11. 合成生物学を疾病治療に応用する

  12. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  2. 高知和夫 J. K. Kochi
  3. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  4. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  5. Organic Synthesis Workbook
  6. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  7. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP