[スポンサーリンク]


合成生物学

  1. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

    第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタンパク質・核酸化学部門に所属し、生命化学と生物工学に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  3. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内…

  4. 指向性進化法 Directed Evolution

    指向性進化法(directed evolution)とは、自然界の淘汰モデルを模す形で、タンパク質・…

  5. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  6. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  7. ジョージ・チャーチ George M. Church

  8. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

  9. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

  10. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

  11. DNAに人工塩基対を組み入れる

  12. 合成生物学を疾病治療に応用する

  13. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション
  2. 科学英語の書き方とプレゼンテーション (増補)
  3. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  4. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  5. ヘム獲得系のハイジャックによる緑膿菌の選択的殺菌法
  6. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  7. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

PAGE TOP