[スポンサーリンク]


抗体医薬

  1. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分子生物学者である。スクリプス研究所フロリダ 准教授。 (さらに…)…

  2. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

  3. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  4. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

    ある種のリコンビナント抗体は血液-脳関門を透過する能力を持つことが知られている。近年、中枢神経系疾患…

  5. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

    第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

  6. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  7. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学

  8. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?

  9. 化学のちからで抗体医薬を武装する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  2. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  3. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  5. 含ケイ素四員環-その2-
  6. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  7. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

注目情報

最新記事

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

PAGE TOP