[スポンサーリンク]


抗体医薬

  1. 【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

    <求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・コミュニケーション能力が高い・チャレンジ精神が旺盛さらに弊社が社訓としている、・正直・勤勉・熱心であることそして近年…

  2. アルツハイマー病の大型新薬「レカネマブ」のはなし

    エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)とバイオジェン・イン…

  3. アルツハイマー病に対する抗体医薬が米国FDAで承認

    ※2024年1月31日、米 Biogen はアデュヘルムの開発・販売を中止するとの旨が報じられました…

  4. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

  5. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

  6. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  7. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  8. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

  9. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  10. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学

  11. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?

  12. 化学のちからで抗体医薬を武装する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)
  2. ポンコツ博士の海外奮闘録⑨ 〜博士,Yosemiteに行く〜
  3. デヴィッド・リー David A. Leigh
  4. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  5. 相田卓三教授の最終講義をYouTube Live配信!
  6. 含ケイ素四員環-その2-
  7. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

PAGE TOP