[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

[スポンサーリンク]

 

<求める人物像>
・自ら考えて行動できる
・高い専門性を身につけている
・コミュニケーション能力が高い
・チャレンジ精神が旺盛

さらに弊社が社訓としている、
・正直・勤勉・熱心であること

そして近年は海外事業の進展や様々なプロジェクトの展開もスピードアップしていることもあり、様々な仕事に柔軟に対応できる、
・ポテンシャルの高い人材

これらが弊社が求める人物像です。

採用情報

募集職種 ①研究職:抗体医薬品を主とする医療用医薬品の分析研究開発関連業務
②研究職:抗体医薬品を主とする医療用医薬品の製剤研究開発関連業務
③研究職:抗体医薬品を主とする医療用医薬品の原薬研究開発関連業務
仕事内容 ・分析・製剤・原薬のいわゆるCMC各分野において、抗体の開発体制構築、抗体プロジェクト推進、抗体及び低分子開発品の申請資料作成、各種製品支援業務(一変申請対応等)などを担当して頂きます。(*CMC:Chemistry, Manufacturing and Controls)
・能力・経験次第では、抗体CDMO(国内外)の業務管理(進捗確認・業務指示)、既存製品の海外展開(現地法人との協業)、導入導出対応(Due Diligence)などを担当頂く可能性もあります。
・抗体・低分子開発、製品支援など様々な分野の仕事に携わる機会があり、成長できます。
応募資格 ① 理系大学卒以上。医療用医薬品等の試験法開発及びその他分析関連業務の実務経験あり。抗体医薬品の開発・申請経験、または海外対応経験(申請、導入等)があるとなおよい。
② 理系大学卒以上。医療用医薬品等の製剤開発及びその他製剤関連業務実務経験あり。抗体医薬品の開発・申請経験、または海外対応経験(申請、導入等)があるとなおよい。
③ 理系大学卒以上。医療用医薬品等の原薬開発及びその他原薬関連業務実務経験あり。抗体医薬品の開発・申請経験、または海外対応経験(申請、導入等)があるとなおよい。
勤務地 埼玉県さいたま市北区吉野町(総合研究所)
勤務時間 8:30~17:05 裁量労働制あり
給与 想定年収 700万円~
※年収は前職・経験を考慮のうえ、規程に基づいて決定します
福利厚生 ・財形貯蓄制度、社員共済会、確定給付企業年金、確定拠出年金、団体定期保険、永年勤続表彰制度など
昇給・賞与 昇給:年1回、賞与:年3回
諸手当 ・住宅手当、家族手当、通勤手当など
休日休暇 ・年間休日 125日、週休2日制(土日)
・年次有給休暇(初年度より10日)、リフレッシュ休暇、特別休暇、ストック休暇、産前産後休暇、看護休暇、育児休業、介護休業など
採用スケジュール 書類選考→筆記試験→部門面接→役員面接(全体で3週間前後)
応募方法 弊社HPよりエントリー
https://www.taisho.co.jp/recruit/
連絡先 電話:048-669-3056(ダイヤルイン)またはメール:rd-jinji@taisho.co.jp

大正製薬の基本情報

会社名 大正製薬株式会社
本社所在地 東京都豊島区高田3-24-1
事業所 ・本社(東京都豊島区)
・関西支店(大阪府豊中市)
・九州支店(福岡県福岡市)
・横浜事業所(神奈川県横浜市)
・沖縄事業所(沖縄県那覇市)
・総合研究所・大宮工場(埼玉県さいたま市)   他
事業内容 医薬品・健康関連商品等の研究・開発・製造・販売
設立/創立 設立:1928年(昭和3年)5月5日
資本金 298億37百万円
売上高 1799億94百万円(2023年3月期)
従業員数 2811人(2023年3月末時点)
ホームページ https://www.taisho.co.jp/

関連リンク

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学ゆるキャラ大集合
  2. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  3. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  4. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~
  5. 2019年ケムステ人気記事ランキング
  6. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カッ…
  7. 無限の可能性を秘めたポリマー
  8. カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第24回ACSグリーンケミストリー&エンジニアリング会議 (GC&EC2020)に参加しました
  2. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授
  3. Practical Functional Group Synthesis
  4. UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子
  5. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  6. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  7. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(後編)~
  8. 化学産業における規格の意義
  9. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  10. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP