[スポンサーリンク]


有機EL

  1. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物

    ホウ素の化学に関する記事はケムステでもよく投稿されており、求核性のあるホウ素化合物の記事(その1)、(その2)やフラストレイテッドルイスペア(FLP)(その1)、(その2)、あるいはユニークな反応性のあるトリスペンタフル…

  2. 有機EL素子の開発と照明への応用

    (写真:日本科学未来館)先日、城戸淳二教授 (山形大)の講演を聴く機会がありました。…

  3. 有機EL organic electroluminescence

    エレクトロルミネッセンス(electroluminescence, EL)とは、蛍光体に電圧を加…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  2. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  3. ブラックマネーに御用心
  4. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  5. アミロイド線維を触媒に応用する
  6. 水素結合水H4O
  7. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration

注目情報

最新記事

静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

PAGE TOP