[スポンサーリンク]


触媒

  1. 一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

    ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン協働触媒系を用いることで、室温で多様なアレンが合成可能である。1,3-エンインとケトンとのヒドロアルキル化反応によるアレンの合成アレ…

  2. 溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

    第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

  3. 露出した銀ナノクラスター表面を保持した、高機能・高安定なハイブリッド分子触媒の開発

    第560回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)の米里健太郎 特任助教…

  4. 酵素を模倣した鉄錯体触媒による水溶液中でのメタンからメタノールへの選択的な変換を達成!

    第512回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系化学域(小島研究室)・藤﨑 寛人さんにお願…

  5. 佐藤 一彦 Kazuhiko Sato

    佐藤 一彦(さとう かずひこ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の化学者である。産業技術総合研究所…

  6. 環状ペプチドの効率的な化学-酵素ハイブリッド合成法の開発

  7. 第三級アミン酸化の従来型選択性を打破~Auナノ粒子触媒上での協奏的二電子一プロトン移動~

  8. 無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

  9. 第175回―「酸素を活用できる新規酸化触媒系の開発」Mark Muldoon准教授

  10. エステルからエーテルへの水素化脱酸素反応を促進する高活性固体触媒の開発

  11. パラジウムの市場価格が過去最高値を更新。ケミストへの影響は?

  12. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略

  13. 分子内架橋ポリマーを触媒ナノリアクターへ応用する

  14. 貴金属触媒の活性・硫黄耐性の大幅向上に成功

  15. 火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

  16. クレブス回路代謝物と水素でエネルギー炭素資源を創出

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling
  2. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  3. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  4. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  5. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  6. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始
  7. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP