[スポンサーリンク]

ケムステニュース

力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物

[スポンサーリンク]

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の大塚英幸教授とLu Yi(ルー・イー)大学院生らの研究グループは、相模中央化学研究所の巳上幸一郎主任研究員と杉田一特任研究員と共同で、力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物の開発と、それを利用した力を受けると蛍光を発する高分子フィルムの作製に成功した。 (引用:東工大プレスリリース10月22日)

東工大プレスリリースに掲載された論文を続けて紹介させていただきます。

本研究は、メカノケミストリーが主題であり、具体的に力を受けると蛍光性の低分子を放出する有機過酸化物を開発したという内容です。

研究の背景としてメカノケミストリーについて紹介しており、これまでに可逆変化、不可逆変化共に機械的な刺激で化学構造が変化する化合物が数多く発見されたことに触れています。ユニークな現象としてこのメカノケミストリーを捉えるだけでなく、応用にも注目が集まっていてナノパターニングや自己強化材料、小分子放出システムなどへに有望だと言われています。一方、蛍光性の有機分子を放出するポリマーは、イメージングやドラッグデリバリーにおいて魅力的な材料とされていて、最近になって超音波によって蛍光分子を放出するポリマーが開発されています。一般的にポリマーから小分子を放出させる場合、機械的に不安定な部位を保護しますが、このような機械的刺激を利用する場合には、機械的な刺激が保護されていない部位を反応させて分子を放出する反応を誘発することになります。

超音波でS-S結合を開裂させ、蛍光分子を含む2分子を放出した研究例(出典:Mechanochemical activation of disulfide-based multifunctional polymers for theranostic drug release)

これらの背景の中、筆者らは過酸化物に着目し蛍光分子を放出するポリマーの研究を行いました。まず、メカノケミストリーを示す分子を先行研究を参考にデザインし、実際にbis(9-methylphenyl-9-fluorenyl) peroxide:BMPFを合成しました。熱重量分析で200度で5%のみの質量減少という高い熱安定を確認したうえで機械的な刺激からの反応性を調べました。具体的には、ボールミルで室温3時間すりつぶしたところ化合物の色が白色からパールイエローになり460 nmに極大を持つ蛍光が確認されました。

A:BMPF-1-diolと放出される9-fluorenoneの構造式 B:すりつぶし前後の化合物の色と蛍光の違い(出典:東工大プレスリリース

反応物のNMRや単離結果から、9-fluorenoneと9-aryl-9-fluorenolが生成していることが確認され、550 nmの蛍光はこの9-fluorenoneの蛍光で、400 nmから450 nmの蛍光はすりつぶしによる副生成物の蛍光だと論文中でコメントしています。先行研究の参照、EPRスペクトルの測定、DFT計算による反応経路探索により、9-fluorenoneとPhenethyl alcoholラジカルが生成する反応経路がエネルギー的に安定で自然な反応であることが分かりました。

上記を踏まえてBMPFのポリマーへの導入を検討しました。初めにBMPFがラジカル重合で変化しないかを調べるためにBMPF-1-diolとAIBNを70度で18時間混ぜ、NMRを測定しました。結果、BMPF-1-diolは変化しなかったので、クロスリンカーを付加したBMPFなどを加えてタクリル酸ブチルを重合させ、BMPFが含まれたポリマーを合成しました。合成したポリマーを上記同様にボールミルですりつぶしたところ、クロスリンカーを導入する位置によって放出される分子が変化し、BMPF-1-PBが効率的に9-fluorenoneを放出していることが分かりました。

BMPF-1-PB中でのメカノケミストリーの振る舞い(出典:東工大プレスリリース

A:ボールミルでのすりつぶし時間ごとの蛍光強度の違い B:すりつぶし時間ごとの液クロの結果、9-fluorenone由来のピークがすりつぶし時間が長くなるほどに大きくなっていることが分かる。

モノマーメタクリル酸ヘキシルに変更したうえで、ポリマーフィルムを合成しました。そしてその合成したフィルムにH型のスタンプを約300MPaで押しつけたところ圧縮された部分のみ蛍光が観測されました。またこのフィルムの熱安定性を確認するために100度から130度までに加熱したホットプレートに置いて蛍光を確認しました。すると110度までは蛍光を示さず、応力緩和試験でも110度では変化は見られませんでした。

圧縮前後でのフィルムの色と蛍光の違い(出典:東工大プレスリリース

まとめとして、本研究ではメカノケミストリーを示す分子構造、BMPFユニットを見出し、BMPFとそれを組み込んだポリマーにて機械的な刺激で9-fluorenoneを放出することを確認しました。この例は、メカノケミストリーで小分子を放出する有機過酸化物としては初めての報告例であるとコメントしています。また、分子の構造を変えることで蛍光を示す9-fluorenoneではなく、他の分子を放出でき、応力感知やイメージング、小分子のデリバリーに応用できるそうです。

論文で取り上げたメカノケミストリーは、光を当てると分子構造が変化して物性が変わるフォトクロミズムとは逆のような事象であり、分子の構造次第で様々な変化を作ることができることに驚きました。機械的な刺激で蛍光分子が放出される現象について、機械的な刺激の強さ、ボールミルでは、すりつぶしの条件、最後の圧縮では加える荷重で放出される蛍光分子の量が変わるのかが気になるところです。ミクロな系で微弱な荷重を検知することができるようになれば、生体内での活用できるのではと思いました。また、荷重の強さによって放出される分子が変われば、幅広い応用があるかもしれません。更なる内容の発展に期待します。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  2. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  3. ヘリウム不足再び?
  4. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  5. ダイエット食から未承認薬
  6. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  7. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  8. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー
  2. 桝太一が聞く 科学の伝え方
  3. 固体NMR
  4. 第二回ケムステVシンポジウム「光化学へようこそ!~ 分子と光が織りなす機能性材料の新展開 ~」を開催します!
  5. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium
  6. 今年はキログラムに注目だ!
  7. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  8. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  9. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  10. 出張増の強い味方!「エクスプレス予約」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

化学メーカー発の半導体技術が受賞

積水化学工業株式会社の高機能プラスチックスカンパニー開発研究所エレクトロニクス材料開発センターが開発…

ラジカル種の反応性を精密に制御する-プベルリンCの世界初全合成

第466回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科 天然物合成化学教室 (井上研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP