[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

[スポンサーリンク]

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とNature Chemical Biology誌のテクニカルエディターであり、先週、博士号試験に合格しました。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

小学校で初めて硫酸銅の結晶化実験をしたのがきっかけで、その後は素晴らしい先生方に連続して恵まれたと思います。私にとっての化学は、創造性と問題解決の完璧な混合物でした。幸運にもAクラスの素晴らしい先生方に2人出会い、私が化学に魅せられていることに気づいた彼らが、化学の授業を追加で受けることを薦めてくれました。その後、化学を研究すべく、オックスフォード大学に応募しました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

クリエイティブな仕事を他にもしたいと思っています。アーティスト、建築家、またはデザイナーでしょうか。アートを趣味にしていてよかったと思っていますが、アートエディターがデザインしたNature Chemistry誌の表紙を見るたび、うらやましくなります。もう一つは料理です(自分の作ったものが食べられるのも、有機化学です!)。夢見るシナリオは、レストランのデザインと経営です!

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私はNature Publishing Groupでテクニカルエディターとして働いており、ウェブサイトの研究論文に機能を追加する仕事をしています。論文のHTMLとPDFの中に、太字の化合物番号に化合物情報のページをリンクとして追加したり、本文の中で化学名を強調したり、無料の化学データベースにリンクさせたりしています。このようなファシリティ活用が増え続けることで、情報、特に分光データや実験手法に科学者がアクセスするやり方が改善されることを期待しています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

モーベインという染料を発見し、商品化したウィリアム・パーキンと夕食を共にするのは面白いでしょう。有機化学についてさほど多くが知られておらず、産業界にとっては非常に重要だった時代の化学者です。ウィリアム・フォックス=タルボットヨハネス・フェルメールも誘ってみましょうか。顔料の化学や写真技術の知識が、芸術や商業のベンチャーにとって非常に重要だった時代に、自分が過ごせていたらと常々思っています。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

研究室での最後の実験は鮮明に覚えています。それは博士課程における最後の実験でもあり、まさに昨年の12月のことでした。全合成の最終生成物1 mg を精製しようとしていました。ピペットカラムとNMRマシンを見つめ15分間ナーバスになり、さらにその数分後、正しく化合物を作れていたことが分かりました。 とても幸せな(そして神経をすり減らした)一日でした。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

難しいです。音楽は、自分の気分に合わせて聴けるような、「ミックステープ」式のコンピレーションアルバムを作らねばならないでしょう。スティービー・ワンダーマーヴィン・ゲイをきっと含めると思います。

本は、トレイシー・シュヴァリエが書く歴史小説か、罪深くも楽しいハリー・ポッターのボックス全集を持っていくでしょう。数時間を無駄にしてしまうでしょうが。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

スチュアート・ウォーレンです。 2001年以降に学位研究を開始した多くの人は、私と同様に、分厚い緑色の本で沢山の有機化学を学んだことでしょう。

原文:Reactions – Laura Croft

※このインタビューは2009年9月18日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua…
  2. 第151回―「生体における金属の新たな活用法を模索する」Matt…
  3. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Car…
  4. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教…
  5. 第107回―「ソフトマター表面の物理化学」Jacob Klein…
  6. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教…
  7. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clay…
  8. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Cric…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Classics in Total Synthesis
  2. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  3. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より
  4. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授
  5. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  6. Skype英会話の勧め
  7. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  8. ベン・シェンBen Shen
  9. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  10. ヒト胚研究、ついに未知領域へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP