[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第175回―「酸素を活用できる新規酸化触媒系の開発」Mark Muldoon准教授

[スポンサーリンク]

第175回の海外化学者インタビューは、マーク・マルドーン准教授です。北アイルランド・クイーンズ大学ベルファスト校 化学・化学工学科に所属し、遷移金属触媒と持続可能な触媒プロセスの開発を中心に研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

両親の話によると、私は幼い頃から、物がどのように動くのか、なぜある色をしているのかなど、いつもしつこく質問していたそうです。ですから、当然といえば当然なのですが、学校では理系科目を最も面白く感じていました。どの科目も好きでしたが、分子レベルで物事を理解しようとする化学が一番好きでした。また、化学は実世界に応用できる実用的な科目であり、私たちが先進国で頼りにしているほとんどすべてのものの中心的存在である点も気に入っています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

理系科目以外では美術も好きだったので、建築家や芸術家を目指していたかもしれません(才能がないので間違いなく苦労するでしょうが)。クリエイティブなことに挑戦するのは楽しいですし、その点ではアートと化学は似ていると思えます。あるいは夢の世界なら、NBAでバスケットボールをするか、スコットランドの国際的サッカー選手になってみたいですね(後者はおそらく、大きな失望を味わう人生になるでしょうが!)。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私たちはいくつかの異なるプロジェクトに取り組んでいますが、グループ内の主要テーマは選択的酸化触媒です。酸化反応は、化学のさまざまな分野における重要な課題とされています。たとえば、アルコールの酸化のような単純な変換でさえ、製薬業界ではスケールアップを実施することが疎まれます。これは、小規模な実験室スケールで一般的に使用されている方法が、スケールアップしたときには受け入れられず、毒性のある試薬や副生成物を生じることが多いためです。現在、私たちはさまざまな酸化反応のための触媒を開発しようとしています。酸素を最終酸化剤とする触媒で、工業的に必要な品質(例えば、回転数が高く、生成物との分離が容易な触媒)を持つ触媒の開発を目指しています。このような触媒が、より大きなスケールで採用されることを期待しています(これは並大抵のことではないでしょう)。さらに長期的には、C-H結合の選択的な活性化やエネルギーに関する課題など、より困難な問題に取り組むことを目標としています。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

リチャード・ファインマンは素晴らしいチョイスだと思います。素晴らしい会話と夜が、どのようにどこで終わるのかは、誰にもわかりません!

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

先週です。実際にいくつかの実験を行いました。学期中はなかなか実験をする時間がとれませんが、夏場は大抵の場合、変則的な実験ができます。最近は、新しい銅触媒を用いた脱水素反応の予備実験を行っています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

これは厄介な質問ですね。本については、カントの『純粋理性批判』のように、何年も読み続けられるような難しい本がいいかもしれませんね。一方、『おいしいココナッツレシピ100』なんかもいいかもしれません。音楽もまた1枚だけ選ぶのは難しいですが、『Echoes – The Best of Pink Floyd』を選ぶと、この島では完全に冷静になれると思います。

純粋理性批判

純粋理性批判

イマヌエル・カント
¥8,800(as of 02/29 16:35)
Amazon product information
Echoes: The Best of Pink Floyd

Echoes: The Best of Pink Floyd

¥3,000(as of 02/29 17:50)
Amazon product information

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

MITのDaniel Nocera氏にします。疑いなく最重要分野のひとつ(水の太陽光分解)に取り組んでいます。持続可能なエネルギーに関する彼の研究および私たちが直面している課題について、示唆に富む話をしてくれるでしょう。

 

原文:Reactions – Mark Muldoon

※このインタビューは2011年9月30日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephe…
  2. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  3. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  4. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao J…
  5. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  6. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーP…
  7. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick…
  8. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Phil…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic Ester / Malonic Ester Synthesis
  2. Bergfriendhof (山の墓地)
  3. 分子の点群を帰属する
  4. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide
  5. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  6. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  7. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  8. 始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:3D CADを使った設計編その1
  9. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー
  10. 模型でわかる【金属錯体型超分子】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP